Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のANA、24年第1四半期後半に国内線B787-10型機を投入へ

日本のANA、24年第1四半期後半に国内線B787-10型機を投入へ

ANA – 全日本空輸(NH、東京羽田)は、初の国産B787-10を3月初旬に商用運航する予定であるとANAホールディングス最高財務責任者の中堀公博氏が述べた。

Aviation Wireの報道によると、同CFOは、ボーイングによる同型機の納入が遅れたため、同型機の就航が遅れたと述べた。

同社は最初の2機種を2月に、さらに2機種を3月に受け取る予定だ。 同氏は、まず東京/羽田〜福岡などの路線で3月上旬に運航を開始する必要があると述べている。 ANA はすでに B787-10 に慣れており、国内およびアジア地域の 3 つの目的地を運航しています。 間もなく予定されている 4 台に加えて、さらに 7 台が注文中です。

ANA の広報担当者は ch-aviation に対し、JA983A (msn 66997)、JA981A (msn 66995)、JA984A (msn 66998)、JA9862A (msn) が最初の 4 機の国産 B787-10 (納入順) であると語った。

ANA/エアージャパンの現在のB787-10は3つのキャビンクラスで294名の乗客を収容できますが、到着する航空機は2つのキャビンクラスで429名の乗客を収容します。 ANAは残りのB777-200ERの代替としてB787-10を使用し、両方のキャビンクラスで405名の乗客を収容します。 B787-10 の追加座席と燃費の向上により、ANA の運航路線における収益が向上します。

READ  ニコスキャンダルは日本の金融規制当局をテストしている