Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のANAは、5年以内にスタッフを20%削減するために、通年の予測を引き下げました

2020年10月27日、日本の羽田空港として一般に知られている東京国際空港で、コロナウイルス病(COVID-19)の発生の最中に、地上の乗組員が全日本航空(ANA)の飛行機を通り過ぎました。キョンフン

  • 上半期の営業損失は前年比5億ドル未満
  • デジタル計画を凝縮しながら9,000ドルを取り除くために
  • 旅行需要の回復に予想以上の時間がかかっている
  • 第4四半期に黒字転換を見込んでいます

東京(ロイター)-日本最大の航空会社(9202.T)であるANAホールディングスは、今年度は前回の利益予想から減少した営業損失を報告し、人員を削減すると述べた。 その数は5年間で20%増加しました。

金曜日に航空会社は、旅行制限のために予想よりも弱い上半期の結果を報告した後、投資家のプレゼンテーションで顧客とのデジタルインタラクションが強化されたため、消耗と引退によって9,000人の雇用を削減する計画を発表しました。

しかし、9月30日までの6ヶ月間の営業損失は1,160億円(10億2,000万ドル)で、コスト削減により前年同期の2,809億5,000万円を下回った。

ANAは7四半期連続で赤字を出しているが、乗客数の回復が見込まれることから、第4四半期の黒字に戻ると見込んでいる。

ただし、2022年3月までの12ヶ月間は、営業利益280億円の前回予想を下回り、1,250億円の営業損失を見込んでいる。

リフィニティブのデータによると、更新前のアナリストは、平均8つの予測に基づいて、通年の営業利益を897億円と見積もっていた。 続きを読む

同社は声明のなかで、「修正された予測は、下半期の予想収益が上半期の収益不足を補うのに十分ではないことを示す結果を反映している」と述べた。

日本は先月末に非常事態宣言を解除しましたが、これはほとんどの国で実施されていました。 国内観光の回復は遅いものの、海外旅行、特に国内観光が近いうちに大きく復活する兆しはありません。

この国は、観光客やビジネス旅行者を含むほとんどの非居住外国人の入国を禁止する厳しい規制の対象となっています。

ANAは、国内の乗客数が3月までにCOVID-19以前のレベルの85%に回復すると予想していますが、海外の乗客はそれまでにパンデミック前のレベルの30%にしか達しません。

昨年の夏、国際的な観客や観光客がいなかった東京2020オリンピックが一年遅れて開催されたため、特に観光と旅行でビジネスが失われました。

このイベントは当初、日本の観光業の急降下と見なされていましたが、近年、瀕死の国内経済の立ち上げを支援するために、より多くの外国人観光客を引き付ける取り組みが強化されています。

(ドル= 113.5800円)

(このストーリーは、タイトルと最初の2つの段落を修正して、従業員を解雇するのではなく、ポジションを排除していることを示しています。)

(白木真希をカバー)。 デビッド・ドランとジミー・フリードによる執筆。 クラレンス・フェルナンデスとクリストファー・クッシングによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本の空母に関する米国のツイートは、新しい海事の現実の兆候です