Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のC2C市場であるメルカリがインドにセンターオブエクセレンスを設立

バンガロール:日本の消費者間(C2C)市場であるMercari Incは金曜日、日本と米国のローカルビジネス向けのITサービスソリューションを開発するセンターオブエクセレンスをここに設立すると発表しました。

センターは来月完全に稼働する予定で、ITサービスソリューションを開発するために約50〜60人のソフトウェアエンジニアと他の有能な技術者を収容します。

マーキュリーは、日本と米国に次ぐ第3の拠点として、インドでの事業拡大を目指していると語った。

「Mercaryはインドから積極的に採用を行っており、現在、Mercury Tokyoオフィスのエンジニアの約50%は外国人エンジニアで構成されています」とMercuryの若狭健氏は述べています。

若狭氏は、「今後数年間で、マーキュリーインターナショナルの取り組みをサポートするためにスタッフを増員する予定であり、主にバンガロールから人材を採用する予定です」と付け加えました。

Mercariは最近、Mercoinと呼ばれる新しいビジネス(暗号およびブロックチェーン資産)とMerlogiロジスティクスを立ち上げました。

同社は、インドのセンターオブエクセレンスがこれらの企業にも技術サポートを提供すると述べた。

「マーキュリーの戦略的ソフトウェア開発要件は、日本と米国のマーキュリーのソフトウェア開発者と協力して、このセンターオブエクセレンスで実装されます」と若狭氏は述べています。

READ  スターシチズンが4億ドルのマークを獲得•Eurogamer.net