Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のCEOらは、日銀の動きにより物価と賃金が上昇するのは「時間の問題」だと予想している

日本のCEOらは、日銀の動きにより物価と賃金が上昇するのは「時間の問題」だと予想している

(ブルームバーグ): 日本のCEOらは2007年以来初の利上げに向けて事業の準備を進めており、中央銀行は数週間あるいは数日以内にマイナス金利政策を解除すると広く予想されている。

ブルームバーグで最も読まれた記事

リクルートホールディングスの出木場久之最高経営責任者(CEO)は、3月に放送されたブルームバーグ・ラティチュードTVのインタビューでハスリンダ・アミンに対し、「ようやく日本企業が商品価格を引き上げることができるようになり、これが報酬と時給を上げる第一歩となる」と語った。 28. 日本銀行が正常な状態に戻るまで「時間の問題だ」と同氏は述べた。

エネルギーや原材料価格の上昇、労働市場の逼迫により、この島国のインフレ率は日銀の目標2%付近で推移しているようだ。 東京に本拠を置くリクルートは、膨大な求人データにアクセスできる世界最大の求人検索エンジン Indeed.com の運営者として、世界の採用トレンドを高度に把握しています。

日本の労働組合は先週、ここ数十年で最大の賃上げを受け、日本経済が超金融緩和政策の終了に向けた準備が整っていることを示すさらなる証拠を中央銀行に与えた。

日本最大手のビールメーカー、アサヒグループホールディングスの勝木淳最高経営責任者(CEO)は「3月であろうと4月であろうと、金利上昇がメインシナリオだ」と述べた。

勝木氏によると、アサヒは近年ビールとウイスキーの価格を値上げしているが、毎年の値上げに耐えられるほど環境は強くないという。 同氏は「景気が回復すれば値上げも可能だ」と述べた。

経営者らが日銀の動きについてこれまで以上にオープンに語る理由の一つは、借入コストがすでに上昇していることだ。 東京商工リサーチが4,377社を対象に実施した調査によると、日本企業の約70%がすでに2024年半ばまでに金利の上昇を予想しているか、予想しているという。 4499社のうち26%近くが、メインバンクから金利が上昇傾向にあると告げられたと回答した。

世界第4位の経済大国では、他の正常化の兆候も現れ始めている。 一部の企業はコスト削減努力が遅れ、収益性を維持できなくなり、人員削減を始めた。 団体交渉団体「リンゴ」は先週、平均賃金の5.3%上昇を勝ち取り、過去30年間で最大の上昇を達成したと報告した。 これは前年同期に確保された3.8%上昇をゆうに上回り、日本銀行に世界最後のマイナス金利制度を終了させるには十分かもしれない。

続きを読む: 日本は不況から回復できるか? 日本銀行は何をするのか?: QuickTake

サントリーホールディングスの新浪剛史最高経営責任者(CEO)は、マイナス金利の解除を予想しているものの、政策が「解除される」とは予想しておらず、むしろ比較的緩和な状態が続くと予想している。

「消費者はまだ自信を持っておらず、将来について非常に不安を感じています」とニエナミ氏は語った。 「人々が消費できると感じられるよう、賃金を上げ続けなければなりません。」

最後に、ブルームバーグの調査によると、中銀ウォッチャーの若干多数が、マイナス金利は4月に終了し、早ければ今週月曜と火曜に日銀政策委員会が開かれる際に終了すると予想している。 審議に詳しい関係者らは先週、当局者らは利上げに近づいており、決定を下すために春の賃金交渉の結果を待っていると述べた。

利上げを期待して円がドルなどに対して上昇した。 これにより、本国送金収入を増やすことができた輸出業者の利益は減少する可能性があるが、ファーストリテイリングなどの小売業者の負担も軽減される可能性がある。 日本国外での製造活動のために、材料のほとんどを海外から購入しています。

ユニクロブランドを運営するファーストリテイリングの岡崎武志最高財務責任者(CFO)は、円高により為替契約の頻度が減り、結果としてコスト削減につながると述べた。

「日本経済が直面している唯一の大きなリスク要因は、本当に円安だ」とエディコバ氏は語った。 「あらゆるものが高価になってきていますが、これはおそらくインフレと日本経済を正常化するための第一歩だと思います。」

–ミア・グラスの協力のもと。

ブルームバーグ ビジネスウィークで最も読まれた記事

©2024 ブルームバーグ L.P

READ  情報筋によると、日本企業東芝の経営陣の運命は、入札者と銀行の間の紛争の理由である