Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のDMMビットコイン会社、3億ドル以上の仮想通貨が失われたと発表 – テクノロジー

日本のDMMビットコイン会社、3億ドル以上の仮想通貨が失われたと発表 – テクノロジー




テクノロジー


日本の企業DMM Bitcoinは、3億ドル相当の仮想通貨が失われたと発表






東京(ロイター) – 日本の仮想通貨取引所DMMビットコインは金曜日、同社が「不正漏洩」と呼ぶ事件で、約482億円(3億800万ドル相当)相当の4,502.9ビットコインが失われたと発表した。

事件発生の経緯や外部関係者の関与の有無については詳細を明らかにしなかったが、この問題を調査しており、対応として一部のサービスを制限したと述べた。

仮想通貨企業は頻繁にハッキングやサイバー攻撃の標的になりますが、これほどの規模の損失が発生することはまれです。

DMM Bitcoinは、他のグループ会社の支援を受けて、顧客の紛失したビットコイン預金を代替すると発表した。

NHKは、日本の金融庁が同社にこの事件の調査を依頼したと発表した。

仮想通貨調査会社エリプティックの首席科学者兼共同創設者トム・ロビンソン氏は、DMMの損失が盗難であることが判明した場合、発生時の為替レートに基づくと史上8番目に大きい仮想通貨盗難となると述べた。

同氏は、これは2022年11月の4億7,700万ドルのFTXハッキング以来最大規模になるだろうと付け加えた。

仮想通貨ニュースメディアのコインデスクは、DMMの損失は、2018年に日本の仮想通貨取引所コインチェックから5億3000万ドル相当の仮想通貨が盗まれたことに次いで、この地域で起きた2番目に大きい損失だと述べた。

仮想通貨調査会社チェイナリシスは、昨年さまざまな仮想通貨プラットフォームから約17億ドルが盗まれたと発表した。

‘; var i = Math.floor(r_text.length * Math.random()); document.write(r_text[i]);

READ  マイクロソフトは 3 つの新しいタイプの Xbox コンソールでオールデジタルの未来に向かって進んでいます