Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のeコマース小売業者楽天グループがインドでの事業拡大を目指す-TechObserver

日本のeコマースおよび小売企業である楽天グループは最近、米国のモバイルテクノロジー企業であるAltiostar Networksを10億ドル以上で買収し、インドでの事業拡大を計画しています。

現在バンガロールの開発センターに500人以上のエンジニアがいるAltiostarネットワークは、来年中にインドの従業員数を3倍にすることを計画しています。 AltiostarNetworksのインド事業責任者であるSrinivasGudladanaによると、AltiostarはバンガロールからRAN(ワイヤレスアクセスネットワーク)ネットワークを構築しました。

Gudladana氏は、同社は2つの戦略的優先事項に焦点を当てると述べました。モバイル業界向けの5Gプロトコルと仮想化サービスです。 これまでのところ、インドは米国で唯一の主要なインフラストラクチャネットワーク開発センターでしたが、現在、英国で積極的に採用することを計画しています。

RANは、周辺機器とバックボーンネットワーク間の通信を提供するモバイル通信システムの一部です。 ゴドラダナ氏によると、RANはRU(無線ユニット)、DU(分散ユニット)、CU(中央ユニット)の3つの主要コンポーネントで構成されています。

「主要な通信ベンダーの従来のエンジニアリングは、これらのコンポーネントを統合し、カスタムハードウェアで展開してきました。2012年から2017年の間に、Altiostarは、COTS(シェルフで共通)ハードウェアにCUを配置し、仮想CU」と彼は言いました。ゴドラダナ。

Gudladanaによると、同様の仮想DUとCUが日本全国に配備されています。 「私たちは既製のデバイスで製品に革命を起こし、オープンなインターフェースを作成しました。仮想DUとCUは日本全土に展開され、現在はインドを含む他の国に行きます」と、作成の背後にいるゴドラダナは言いました。インドセンターの。

READ  Blizzardは、解雇された従業員にちなんで名付けられたOverwatchのMcCreeの名前を変更します