Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のF1GPは2024年末まで鈴鹿に残ります

フォーミュラワンF1-日本グランプリ-鈴鹿サーキット、鈴鹿、日本-2019年10月13日。レース中の概観。 ロイター/加藤一佐

日本グランプリは少なくともF1後の2024シーズンの終わりまで鈴鹿に残り、サーキットオーナーは土曜日に3年間の契約延長を発表した。

8トラックの南西名古屋ナンバーは1987年に最初にF1グランプリを主催し、意思決定者に11のドライバーズチャンピオンシップを紹介しました。

「この延長は、アジアでのスポーツ開発への長年の取り組みの一環であり、モビリティランドとの良好な関係を継続できることを嬉しく思います」とフォーミュラ1のCEO、ステファノドメニカリは声明で述べています。

モビリティランドはホンダの子会社です。

日本には、2014年以来の国内初のグランプリドライバーである20歳の見習い角田裕毅にとって若い才能があります。しかし、レッドブルホンダのモーターパートナーは今シーズンの終わりにスポーツを去ります。

角田は先月バーレーンで9位に終わったとき、レッドブルが所有するアルファタウリでF1初出場でポイントを獲得した。

それから彼はレースを見るために彼のお父さんと鈴鹿に行くこと、そしてルノーが所有するアルピーヌとまだグリッドにいるダブルワールドチャンピオンのフェルナンドアロンソのファンであることについて話します。

COVID-19パンデミックのために昨シーズンレースを開催しなかったサーキットは、来年60周年を迎えます。

今年のグランプリは10月10日に設定されています。

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  物事をすばやく覚えてください-ホンダS800を見つけてください