Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のGDPは世界経済の中で過去最低の4.2%に達する

日本のGDPは世界経済の中で過去最低の4.2%に達する

内閣府が12月25日に発表したデータによると、円安の影響で、昨年の日本の経済生産額は世界経済に占める割合が過去最低となった。

インフレ調整なしの日本のGDPは2022年に4兆2000億ドル(597兆4690億円)に減少し、世界のGDPの4.2%を占める。

これは前年比 0.9 パーセント ポイントの減少に相当し、1980 年に比較可能なデータが利用可能になって以来、最低のシェアを示しています。

日本は依然として世界第3位の経済大国であったが、2大国である米国と中国の経済生産高は日本に比べて非常に小さかった。

世界の名目GDP101.4兆ドルのうち、米国が25.1%(25.4兆ドルに相当)で最大のシェアを占め、次いで中国が17.7%(17.9兆ドル)となった。

2022年の日本の1人当たり名目GDPは3万4064ドルで、経済協力開発機構(OECD)加盟38カ国中21位となった。

日本はイタリアに抜かれ、前年の20位から1つ順位を下げて21位となった。 日本がG7先進民主主義国の中で最下位になるのは14年ぶりのことである。

1位のルクセンブルクは1人当たり名目GDPが12万4592ドルに達し、日本の3.6倍となった。 米国は76,291ドルで5位となり、日本の2倍以上となった。

READ  日本政府は9月に2年以上ぶりに経済格付けを引き下げる