Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のGPIFは、第3四半期に堅調な海外株式に対して470億ドルのリターンを記録しました

東京:日本の年金積立金管理局(GPIF)は金曜日、海外株式からの利益に対して第3四半期に5.437兆円(472.9億ドル)の投資収益を上げたと発表した。

世界最大の年金基金であるGPIFは、12月末時点で199.3兆円の資産を運用しており、3か月間の総資産収益率は2.81%であると声明で述べている。

第3四半期のダウ工業株30種平均は7%上昇しましたが、日本の日経平均株価は2%下落しました。

ファンドの外国株式ポートフォリオは10.54%のリターンを達成しましたが、日本の株式ポートフォリオは1.62%の損失を出しました。

GPIFの投資は、その規模の大きさから、世界中の投資家から注目されています。

9月末までに、ファンドはポートフォリオの24.95%を日本債、24.46%を外国債、24.92%を国内株式、25.68%を外国株式に保有していました。

年金基金は、国内金利が超低水準であるため、ポートフォリオを不採算の国内債券から高利回りの外国資産にシフトしている。

($ 1 = 114.9600円)

(山崎真紀子による報告、クリスチャン・シュモリンガーとマイケル・ペリーによる編集)

READ  東京2020オリンピックの経済的利益は550億米ドル以上と推定されています