Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のGSDFは冷戦以来初めて全国的な演習を開始します

日本の陸上自衛隊(GDSF)は、中国の急速な地域の回復力の中で障壁を強化し、その能力を強化する取り組みの一環として、水曜日に30年近くぶりに全国的な演習を開始しました。

離島を保護する能力を強化することを目的として、配布およびテスト通信システムを含むGDSF演習が11月末まで全国で実施されます。

GSDFは、冷戦終結後の1993年にこのような演習を最後に実施しました。 この期間中、約10万人の要員、2万台の車両、120機の航空機が演習に参加します。これには、海上および空軍の自衛隊と米軍の着陸船が含まれます。

日本北部の本島である北海道と東北地方の東北地方にある2つのGSDFユニットから合計12,000人の人員と3,900台の車両が来週九州南西部への航海を開始します。 彼らは西日本の四国地域からの連隊が参加します。

陸上自衛隊のメンバーは、全国的な軍事演習の初日である水曜日にトラックを積み込みます。 | フォート/京都経由の護身術

任務中、陸軍は戦車を含む安全装置を道路と海で九州のいくつかの訓練場に輸送します。 個人用トラック、ボート、鉄道もトレーニングに使用されます。

演習を担当するGSTFの関係者は、演習は2019年の国家安全保障計画ガイドラインに基づいていると述べた。このガイドラインでは、東シナ海のジョン政権や北京が主張する尖閣諸島など、ナンシー諸島を保護するためのセキュリティ機能の強化が求められている。島々。 。

岸信夫国防相は、「島嶼部への攻撃など、さまざまな状況に効果的に対応するためには、必要な部隊を迅速かつ広範囲に配備することが不可欠だ」と述べた。

「ますます不確実な安全保障環境において、私たちの仕事の焦点は運用準備にあります」とGSTF当局者は中国の急速な軍事力増強を念頭に置いて言いました。

誤った情報と過剰な情報の両方がある時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして読む)

READ  西日本の動物園で15年ぶりに生まれたヒョウの子