Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のH3ロケット2度目の打ち上げ成功

日本のH3ロケット2度目の打ち上げ成功

2023年2月17日、日本の南西部の種子島宇宙センターで、飛行失敗前の発射台に立つ日本のH3ロケットが映っている。 日本の宇宙関係者らは、土曜日にも同様の試みが成功したと発表した。 ファイル写真提供:EPA-EFE/時事通信社

2月 17 (UPI) — 日本は土曜日、最初の試みが失敗してからほぼ1年後、南西の島の1つから新しいH3ロケットの打ち上げに成功した。

H3ロケットは現地時間午前9時22分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、予定の軌道に入り、宇宙航空研究開発機構の運用中の超小型衛星にダミー衛星を送り込んだ。 宣言された

日本の岸田文雄首相は「長年にわたる関係者の努力に敬意を表し、日本の主力ロケットが今後も成果を積み上げていくことを期待する」とXに投稿した。

ロケットは計画通り飛行し、16分43秒後にH3ロケットから打ち上げられ、所定の軌道に入った。

ロケットの第2段はペイロードを展開した後、地球の大気圏に再突入した。ペイロードには、昨年失敗したH3ロケットの初打ち上げ時に打ち上げられる予定だったダミー衛星が含まれていた。

2023年3月に試みられたH3の打ち上げは、二次エンジンの不着火により失敗した。 JAXA関係者は、第2段エンジンが作動していなかったとして、ロケットに自爆を命じた。

土曜日の課題は、ロケットが軌道と展開中に位置を制御できるようにすることだ。 アップグレードされたセカンダリ エンジンは設計どおりに機能しました。

「打ち上げは完璧に成功した」とJAXAプロジェクトマネージャーの岡田雅史氏は語った。 記者団に語った 引き続き成功した仕事。

H3は現在日本が使用しているH2Aロケットの後継ロケットです。

H3は、米国主導のアルテミス国際宇宙計画の一環として、国際宇宙ステーションと月周回宇宙前哨基地へのゲートウェイに物資を届ける。

READ  ハ・ヨンス、日本の雑誌「Grey's Anatomy」を通じて日本デビューを果たしたとの報道に応じた。