Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のIT企業Sansanがセブ島に進出、地元のテクノロジーリーダーを追求

日本のIT企業Sansanがセブ島に進出、地元のテクノロジーリーダーを追求

これは AI によって生成された概要であり、エラーが含まれる可能性があります。 コンテキストについては、必ず記事全文を参照してください。

(第 1 回更新) Sansan Incorporated が 100 人の才能あるソフトウェア開発者を求めてセブ島南部のクイーンシティへ向かう

フィリピン、セブ島 – 日本のクラウド ソリューション プロバイダーである Sansan Incorporated は、12 月 7 日(木)、セブ市に Sansan グローバル開発センターを正式にオープンしました。

Sansan取締役兼共同創業者の塩見健二氏は開所式で「当社は地元の人材の育成、教育と技術交流の提供に全力で取り組んでいる」と述べた。

2007 年に設立されたこの日本のテクノロジー企業は、才能のある従業員を見つけるのが難しいと感じた元「サラリーマン」の創設者、寺田千佳の経験にルーツを持っています。

寺田氏が Sansan を設立したのは、しばしば「無駄な努力と機会の無駄」を引き起こすつながり探しのギャップに対処するためだった、と同社はウェブサイトで述べた。

セブには豊富なソフトウェア開発者がいることから、同社は2024年5月までに従業員を約35人の従業員から100人の技術専門家チームに増やす計画だ。

人材の集まり

Sansan Center for Global Development のカントリーディレクターである Jay Pegarido は、ディポログ生まれのコンピュータ エンジニアで、日本に拠点を置くテクノロジー企業で 22 年間勤務した後、セブ州に本拠を置きました。

彼によると、セブ島は成績優秀なIT学校で知られており、それが故郷を離れた理由だったという。 [in Dipolog City] そこで勉強するには [in Cebu]、そして技術的才能の「より大きなプール」。

新しいレポートによると、日本のデジタル労働力は少なくとも100万人いると推定され、2026年までに最大230万人の労働者が不足する可能性がある。 日経アジアの記事

に基づく 世論調査 ドイツに本拠を置く調査会社スタティスタによると、7月3日時点で、フィリピンでは2022年に約600万人がデジタル経済分野で働いているという。

「現在の唯一の問題は、IT 新卒者が非常に多いため、彼らにトレーニングが必要になるということです」とペガレド氏は言いました。

同コンピューター技術者は民間企業に対し、知識のギャップを埋めるために学生に現実的かつ実践的なトレーニングを提供するために大学との連携構築に投資するよう求めた。

基地に近づく

ペガリドにとって、セブ州、特にセブ IT パークにある中央 IT ハブは、ソフトウェア カンファレンスや IT フォーラムなどのテクノロジー イベントをさらに推進するなど、国際標準に移行する方法を検討する必要があります。

「Sansanは日本で多くのテクノロジーイベントを主催しており、日本でも同様に開催できることを願っています」とカントリーディレクターは述べた。

ペガリド氏は、国内の他の都市での拡張計画とともに特別なイベントを開催することを楽しみにしていると述べた。

同氏は、中級製品のレビューから新しい形式のソフトウェア技術や概念に関する議論まで、地域の技術ジャーナリズムを改善する試みも必要であると付け加えた。 – Rappler.com

READ  アントニー・ブリンケン氏はマフムード・アッバス氏に、パレスチナ自治政府がガザで「中心的な役割」を果たす可能性があると語った。