Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のJERAは姉ヶ崎で2番目の古いパワーユニットを復活させる準備をしています

大林優香

日本のアニガサキ(ロイター)-日本最大の発電機であるジラは、冬の需要のピーク時に地域が電気危機を回避するのを助けるために、東京近くのアニガサキ火力発電所で別の古い発電ユニットを再起動する準備を始めました。

日本の電力供給問題は、福島第一原子力発電所の3月の地震後の一部の発電所の停止、火力発電所の数の減少、2011年の福島第一原子力発電所事故後の規制強化による原子力発電所の再稼働の遅れなど、さまざまな国内問題に関連しています。

JERAはすでに姉ヶ崎で45年前の600メガワットの5号ガス火力発電所を7月1日から8月31日まで再開する準備をしています。 どんな欠陥のために。

同社は、電力供給状況が夏よりも危険であると予想される冬に操業を再開することを目的として、600MWのガス焚きユニット6号機の設備検査作業を開始した。発電所は水曜日に記者団に語った。

日本はこの厳しいエネルギー供給に直面することが予想されます

夏、10地域のうち3地域が、7月の過剰発電容量が3%のしきい値に向かって低下すると予想し、不足と停電の可能性を高めます。

冬季の電力供給は逼迫し、1月と2月の10地域中7地域で、0%を下回ると予想される東京地域を含め、3%未満に低下すると見込まれます。

「6号機のすべての機器をチェックして、再起動できるかどうか、どの部品を修理する必要があるかを判断しています」と、Kamyは施設のメディアツアーで述べました。

昨年春から43歳のユニットが閉鎖されたため、機器の点検や修理に必要な部品の注文には約6ヶ月かかるとのこと。

全国的な電力供給計画をできるだけ早く策定することが望ましいと彼は述べた。

JERAは昨年12月に姉ヶ崎の4つの古いユニットを引退させ、来年の商業運転を開始することを目標に、汚染の少ない3つの新しいガス焚きユニットに道を譲った。

(大林由香による報告。ジェーン・メリマンによる編集)

READ  マンチェスターシティ-トッテナムホットスパー:カラバオカップ決勝-ライブ! | フットボール