Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のJERAは英国に再生可能エネルギーに特化したグローバル部門を構築中

日本のJERAは英国に再生可能エネルギーに特化したグローバル部門を構築中

ロンドン:日本最大手の電力会社JERA社。 ロンドンに本社を置き、脱炭素化目標を達成するために低炭素投資の促進を目指す世界的な再生可能エネルギー事業を設立したと新部門の責任者はロイターに語った。

JERA Nexと名付けられたこの部門は、洋上および陸上の風力発電、太陽光発電、蓄電池などの再生可能エネルギープロジェクトの開発、投資、所有、運営を行う。

同社のナタリー・オスターリンク最高経営責任者(CEO)は、3GWの再生可能資産ポートフォリオからスタートし、2035年までに20ギガワット(GW)の再生可能容量の開発を目指しており、国内市場である日本だけでなく世界中での投資を検討していると述べた。

同氏は、同部門は選択的な買収や提携を通じて能力を追加し、プロジェクトのみを強化することに重点を置くと述べた。

JERAは東京電力ホールディングスと中部電力の合弁会社です。 2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロの達成を目指している。

昨年、ベルギー最大の洋上風力発電所であるパー​​クウィンドを買収した。

パークウィンドとイケア店舗オーナーのインガ氏で構成するコンソーシアムは先月、ノルウェー北海南部に1.5ギガワットの洋上風力発電所を建設するノルウェー初の入札で落札した。

昨年末の日本の第2回洋上風力入札入札でも、JERAは電源開発、伊藤忠商事、東北電力とのコンソーシアムの一環として315MWの風力発電所を建設する権利を獲得した。

オースターリンク氏は、イギリスや日本などの島国周辺の水深がより適しているため、長期的には浮体式洋上風力発電が切望されていると述べた。

「更なる開発には時間がかかるだろうが、日本では実現可能なプロジェクトが浮上している」とオースターリンク氏は語った。

READ  日本の無人駅の増加が懸念を引き起こしている