Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のLNG輸入量は4月に16.7%増加した

日本のLNG輸入量は4月に16.7%増加した

日本の液化天然ガス(LNG)輸入量は、3か月続いた減少の後、4月に前年同月比16.7%増加したことが、日本の財務省の暫定データで示された。

報道によると、同国のLNG輸入量は先月528万トンに増加した。

LNG輸入量は3月の555万トン、2月の602万トン、1月の610万トンから減少した。

日本の発電用石炭輸入も4月に昨年から増加した。

データによると、石炭の輸入量は5%増の764万トンで、日本がこれらの輸入に対して支払った金額は約12億ドルで、前年比33.4%減となった。

2023年4月から2024年3月までの会計年度では、日本のLNG輸入は8%減の6480万トン、発電用の石炭輸入は13.4%減の9810万トンとなった。

LNGの輸入関税が上がった

4月のLNG輸入額は29億9000万ドルで、前年同月比12.5%増加した。

先週、国営石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は4月の日本向け月次スポットLNG価格を発表した。

JOGMECは暫定報告書で、2024年4月に契約し、同月から引き渡し予定の日本向けスポットLNGカーゴの平均価格(契約ベース価格)は9.6ドル/MMBtuだったと発表した。

2024 年 4 月までに日本に引き渡される LNG カーゴの平均価格は、契約月に関係なく 9.6 ドル/MMBtu です。

また、2024年3月の確定値は当初の数値から変更はなく、契約ベースの価格は9.3ドル/MMBtuで、到着ベースの価格は開示されていないとJOGMECは述べた。

スポット LNG を輸入する企業が 2 社未満だったため、JOGMEC は今年最初の 2 か月間、契約ベースおよび到着ベースの月次スポット LNG 価格を公表しなかった。

LNG貨物

経済産業省は先に、日本の発電用LNG在庫が4月7日時点で161万トンで、前週から13万トン増加したと報告した。

在庫量は4月14日が162万トン、4月21日が205万トン、4月28日が213万トン、5月5日が201万トン、5月12日が212万トン、5月19日が226万トンとなった。

日本への配送

同省のデータによると、4月の日本へのLNG輸出によると、アジアからの供給量は11.3%増の130万トンとなった。

4月の中東のLNG輸出は219.2%増の64万トンとなった。

また、4月にはロシアからの輸出が18.5%減の28万8000トンとなった一方、米国の供給は38.6%増の43万7000トンとなった。

第 2 位の LNG 輸入国

中国は昨年日本を追い抜き、世界最大のLNG輸入国となった。

中国のLNG輸入量は1─12月に12.6%増の約7132万トンとなり、2023年には日本より517万トン多いLNGを輸入する見通しだ。

今年1~4月に中国は前年同期比22.7%増の2591万トンのLNGを輸入した。

同じ期間に日本は約2,295万トンのLNGを輸入したが、これは中国より290万トン少ない。

READ  エジンバラの前監督がコーチに就任したため、ブレア氏は最近日本に移住した