Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のNTTはインテル、キオクシア、SKハイニックスと次世代通信技術を開発中

日本のNTTはインテル、キオクシア、SKハイニックスと次世代通信技術を開発中

日本の通信会社 NTT の次世代通信技術である Innovative Optical and Wireless Network (IOWN) は、現在インテルと共同で開発中です。 韓国のSKハイニックスも関与する可能性がある。 日本のメーカーは米国や韓国と協力して、中国に匹敵する高度な次世代通信技術や国際標準の確立に取り組んでいる。 このプロジェクトには日本政府から約450億円(3億米ドル)の補助金が支払われる予定だ。

からの報告によると、 日経新聞 そして テレビ東京, NTTはIOWNという次世代通信技術を開発しています。 目標は、送受信に光信号を使用してエネルギー消費を削減し、遅延をなくすことです。 NTTは2019年からこの新技術を推進しており、ソニーやインテルなどの企業と多国間提携を結んでいる。 NTTは2024年までにIOWNの最終標準を確立することを目指しており、2030年までに6G通信とネットワークインフラを実装すると予想している。

日本のメーカーとしては、光電子融合部品の開発に携わる企業としては、光ファイバー機器メーカーの古河電気工業、IC基板メーカーの新郷電気工業、光信号やメモリ接続用のメモリモジュールを製造するメモリメーカーのキオクシアなどがある。 さらに、NECと富士通は光信号チップ処理に最適化した装置を開発しています。

こうした取り組みの一環として、日本の経済産業省傘下の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、6G通信インフラの研究開発を支援するため、3件450億円の補助金を交付する予定だ。 。

NTTなどは2030年の実用化目標に向け、2028年度(28年4月~29年3月)までに光信号で動作するチップの製造技術やテラビット単位でデータを保存できるメモリー技術の開発を目指す。 (Tbit) の速度。 インテルはエネルギー消費量を30~40%削減するための製造技術に関する技術アドバイスを提供する。 NTTはメモリ技術に関して、SK Hynixが必要な専門知識を提供できると考えている。

通信およびネットワーク技術におけるエネルギー消費量の削減の緊急性が高まっています。 国際エネルギー機関 (IEA) は、世界の電力消費量が 2026 年までに 2022 年と比較して 2.3 倍に増加すると予測しています。 OpenAI の ChatGPT が約 2.9 Wh のエネルギーを消費する質問に答えるなど、生産性の高い AI の普及は顕著です。 通常の Google 検索の 10 倍のエネルギー消費を考慮に入れてください。

READ  尖閣諸島情勢:日本は中国の侵略に抵抗する以上のことをしなければならない