Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のROMは新しいチップ技術を立ち上げるために4500万のベンチャーファンドを開始します

京都-日本のチップメーカーであるロームは、次世代半導体技術に投資するために50億円(34億3,530万円)のベンチャーキャピタルファンドを立ち上げました。これは今後数十年の成長に拍車をかけます。

その第一歩として、ローマのファンドは、倉庫や工場に空間インテリジェンスソリューションを提供する米国のスタートアップロジックに3億円を投資しました。 ローマは、その技術が半導体の販売チャネルの拡大に役立つことを望んでいます。

これは、ベンチャーキャピタルへのローマの最初の航海でした。 国内外で新しいチップ関連技術を所有するか、チップを使用した製品やサービスに投資し、新しいビジネスセクターで脱炭素化する予定です。

ローマはまた、投資知識を得るために他のベンチャーキャピタルファンドに投資します。 1月に設立された最高技術責任者の下の新しいチームは、投資対象のスクリーニングと選択に取り組みます。 ベンチャーキャピタルファンドは、ローマの全体的な収益に貢献することは期待されていません。

このファンドは、京都を拠点とする新興企業のモノスクリベンチャーズが運営するファンドに2億円を投資した。

ローマは、従来のシリコンを使用する場合よりも低いエネルギーでチップを動作させることができる炭化ケイ素技術の開発に10年以上を費やしてきました。 2030年代以降の成長の次の推進力となる可能性のある新技術を特定し、促進することを目指しています。

READ  2018年7月下旬に日本の工場ムードが高まるEconomyNews&Top Stories