Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のUSスチール買収提案はバイデン氏の世界経済へのアプローチに異議を唱える

エンパイア・ステート・ビルなど米国のランドマークをその製品で形作ってきたUSスチールを日本企業が買収するという見通しは、米国が経済ナショナリズムをどこまで受け入れるべきかについて、選挙年の議論を引き起こしている。

新日鉄が12月にピッツバーグに本拠を置く鉄鋼メーカーを149億ドルで買収すると申し出たとき、投資家は歓喜した。 しかし、協議がなかったと不満を訴える全米鉄鋼労働組合や、外国人買い手が評判の高い米国企業を買収することに反対した両党の著名議員らからは、声高に反対の声が上がった。 独立を失うと、米国が危機に陥った際に鉄鋼不足に陥り、国家安全保障が脅かされる可能性がある、と彼らは述べた。

「私はそれに完全に反対です」とJ.D.バンス上院議員(共和党、オハイオ州)はインタビューで語った。 「そして、私が心配しているのはこの取引だけではありません。前例は非常に重要です。」

この協定はまた、11月の選挙までわずか9か月余りとなるバイデン政権にとって不快な疑問を投げかけている。 米国との同盟の価値をしばしば強調する大統領は、海外からの投資を歓迎している。 しかし、新日鉄による買収を認めることは、ペンシルベニア州のような重要な激戦州を支援する必要がある組織労働者を迂回する危険を伴う。

低インフレと高成長により、米国は世界で最も優れた景気回復を実現

この鋼鉄のドラマは、国家安全保障担当補佐官ジェイク・サリバン氏が昨年明らかにした国際経済政策における緊張を浮き彫りにしている。 一部のアナリストは経済ナショナリズムの一形態と表現するバイデン氏の貿易・産業政策は、国内生産を拡大し、外国資金を米国に呼び込むことを目的としている。

ホワイトハウスは8月、米国の新規工場に対する外国資金の急増を宣伝したが、その額はパンデミック前の平均のほぼ2倍に達した。 しかし今、日本製鉄がここに投資したいと考えているため、政府は潜在的な安全保障上の懸念に注目している。

ケイトー研究所の貿易専門家スコット・リンスカム氏は、「これは経済ナショナリストのプロジェクトの一貫性のなさの一端を物語っている」と述べた。

フーシ派の攻撃で配送の流れが変わり始めている

同政権は、寛大なインフラ支出に加え、半導体やクリーンエネルギープロジェクトへの補助金により、今後10年間で官民合わせて推定3兆5000億ドルの投資が促進されると述べている。

「私たちは、外資系企業の米国への投資のおかげで、我が国、そして世界がより安全で、より強靱で、より繁栄していると信じています」と大統領は述べた。 彼は言った 就任から数カ月後の声明で。

鉄鋼は長い間、最も保護された米国市場の一つでした。 2018年、ドナルド・トランプ大統領は輸入鉄鋼すべてに25%の関税を課した。 バイデン氏はその後、欧州連合(EU)との間で、自国製品への関税を割り当てに置き換える協定を交渉した。 12月に協定は2025年まで延長された。

しかし、1980年代初頭に日本の自動車メーカーがそうしたように、鉄鋼輸入に対する障壁は事実上、外国企業の国内生産への投資を奨励している。

USスチールのデービッド・ブリット最高経営責任者(CEO)は昨年秋、各国が相互依存のリスクを再評価する「脱グローバル化の加速」の流れから同社が恩恵を受けていると述べた。 「米国は一世代に一度の国内交通ブームを経験している」と同氏は10月に投資家に語った。

共和党の大統領候補とみられるトランプ氏は、新日鉄の入札について公にはコメントしていない。 しかし、彼の同盟者の中には彼を殺そうとしている者もいる。

トランプ大統領のホワイトハウス首席戦略官だった「戦争室」のスティーブン・K・バノン氏は、「これは強気だ――そんなことはあり得ない」と語った。

日本製鉄の入札をめぐる不安の一部は、米国の工業力の時代の記憶に基づいている。

US Steel は、豊富な企業系統を持つ象徴的な名前です。 しかし、それが本当に特別な会社になるまでには長い時間がかかりました。

1901 年にアメリカ資本主義の巨人、ジョン D. ロックフェラー、JPモルガン、アンドリュー・カーネギー、チャールズ・M・シュワブ。

USスチールは同国初の10億ドル企業となった。 高炉から出た溶融金属は、第二次世界大戦で勝利を収めた戦車、飛行機、空母、そして戦後の好景気でアメリカ人が購入した自動車や電化製品の形になりました。

同社の最近の歴史はそれほど印象的ではない。 現在、USスチールは売上高でクリーブランド・クリフスとニューコアに次ぐ全米第3位の鉄鋼メーカーとなっているが、従業員数は2万2740人で、20年前の半分以下となっている。 同社は過去15年間のうち9年間で赤字となった。 によると、その年間生産量は世界で27位にランクされています。 世界鉄鋼協会。 4位は日本製鉄。

日本製鉄のUSスチール買収計画をめぐる論争は、日本企業がロックフェラーセンター、ペブルビーチゴルフコース、ユニバーサルスタジオといったアメリカのトーテムを買収した1980年代に何が起こったかを思い出させる。 当時、多くのアメリカ人は資産売却を経済衰退の兆候とみなしていました。 数年後、日本のバイヤーの多くがアメリカでの賞品に対して過剰な支払いをしていたことが明らかになった。

世界経済は1990年代以来最も弱い成長修正に直面している

今のところ、バイデン氏は政治的責務と経済的責務のどちらかを選択することを避けることができる。 先月この協定を発表した際、両社はジャネット・L・ケネディ財務長官が委員長を務める省庁間機関である対米外国投資委員会(CFIUS)に協定を提出すると発表した。 イエレン議長は国家安全保障への潜在的な影響について外国との取引を精査している。

機密事項について匿名を条件に語った状況に詳しい関係者によると、これはまだ起こっていないという。 同関係者は、幹部らは来週末までに対米外国投資委員会に書類を提出する予定だと付け加えた。 委員会は非公開で審議し、数カ月以内に勧告を出す見通しだが、そのプロセスは時間がかかることが多い。

大統領の国家経済顧問ラエル・ブレイナード氏は先週ブルッキングス研究所で、この協定は「真剣な精査」に値すると述べた。 内部検討について匿名を条件に語った政府関係者によると、よりグリーンな経済への移行、国内製造業の活性化、より強靱なサプライチェーンの発展には、堅調な国内鉄鋼生産が必要だという。

国内第3位の鉄鋼生産会社を日本の買い手に売却することがこれらの目標のいずれかを危うくするかどうかはまだ判明していない。

クリントン政権の商務省当局者ウィリアム・レンチ氏は、「彼らがこの問題を乗り越えられるかどうかは分からない」と語った。 「これは政治問題だ。これは政治的な観点からこれらの問題を検討する政権だ。」

政治的配慮は明らかだ。 鉄鋼労働組合は2020年にバイデン氏を支持しており、ペンシルベニア、オハイオ、ミシガン、ウィスコンシンといった激戦州の数万人を含む100万人以上の組合員がいる。

組合のデービッド・マッコール委員長は、組合の現在の労働協約に対する新日鉄の取り組みに疑問を呈した。

同氏は買収について「われわれにとってうまくいくわけがない」と述べ、「所有者の国籍に異論はない。気にしていない」と付け加えた。

この協定の反対者には、バンス氏の共和党上院議員、ミズーリ州のジョシュ・ホーリー氏とフロリダ州のマルコ・ルビオ氏のほか、ペンシルベニア州の民主党上院議員ボブ・ケーシー氏とジョン・フェッターマン氏の2人、オハイオ州の民主党上院議員シェロッド・ブラウン氏も含まれる。

バンス氏は、日本資本のUSスチールは「米国の国家安全保障のニーズへの対応が鈍くなる」と述べた。 同氏はまた、新日鉄が購入を通じて輸入鉄鋼に対する米国の関税を回避することを認めることに反対し、こうした貿易障壁を利用して米国企業を外国人が買い取ることを全面的に禁止するよう求めた。

「もし彼らがアメリカの市場やアメリカの労働者へのアクセスを望むなら、彼らは本当にここで投資を生み出す必要がある」と彼は言った。

国家安全保障に対する批評家の反対は誇張されているように見える。 国防総省によると、米軍が毎年必要とするのは国内鉄鋼総生産量のわずか3%だという。 ピッツバーグのCRUグループの鉄鋼業界アナリスト、ジョシュ・スパーズ氏によると、過去数十年に比べて、現代の戦闘システムでは鋼材の使用量が減り、チタン、アルミニウム、複合材などの他の材料が増えているという。

人工知能に関する懸念は金融、ビジネス、法律の最高レベルにまで達しています

国防総省は US スチールから直接何かを購入することはありません。 防衛事業や商業事業を営む一部の顧客は、軍需品に生鋼を使用する可能性があると同社は述べた。

「USスチールの製造技術とプロセスは、軍事用途向けの鉄鋼を生産するために特別に設計されたものではなく、USスチールは、米軍用途を含む米国政府用途のための製品、能力、ノウハウを一切持っていない。」 同社はこう語った。

2022年、バイデン氏は対米外国投資委員会に対し、この協定が米国のサプライチェーンの回復力に与える影響を考慮するよう求める大統領令を出したが、この懸念はパンデミックとウクライナ戦争勃発後にさらに悪化した。

近年、対米外国投資委員会による中国人バイヤーが関与する取引の審査が特に物議を醸している。 しかし、日本は米国の同盟国です。 もしその国が攻撃された場合、米国はその国を守る義務がある。 新日鉄はすでに米国の鉄鋼会社8社の株式を保有しており、同社には約4000人の米国人が雇用されている。

ニューヨークに本拠を置く法律事務所プロスカウアーのパートナー、ジョン・イングラシア氏は「純粋に法的な国家安全保障の観点からすれば、これは実現する必要がある協定だ」と述べた。 「選挙前にこの問題を解決できない理由は見当たりません。」

財務省主導の委員会は米国情報機関から機密評価を受けた上で審議を行う。 委員会が特定の懸念を特定した場合、買い手に特定の行動を取ることを要求する「緩和協定」を起草することができる。

日本製鉄幹部らは懸念を和らげるために複数の議員と面会した。 これらの会合で幹部らは、ユナイテッド・ステイツ・スチールが現在の社名でピッツバーグに残り、鉄鋼労働者の労働協約を遵守することを約束した。 状況に詳しい関係者によると、近い将来、有給労働者や労働組合に加入している労働者の解雇は予定されていないという。

関係筋によると、11基の高炉を運営する日本の鉄鋼メーカーは、USスチールの炉の効率を向上させながら炭素排出量も削減できると期待している。

しかし今のところ、売り手も買い手も、対米外国投資委員会の審査によって最終的にこの取引を巡る「政治的雑音」が打ち破られることを期待していると、別の関係者は述べた。 この関係者は「我々はそのプロセスを信頼する」と語った。

READ  日本の鉄鋼メーカーと米国の鉄鋼取引が上院で激怒を引き起こす