Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は、オミグラン変異型のCOVID-19患者の最初の死亡を確認しました

日本は土曜日に、オミグランコロナウイルス変異体の犠牲者の中で最初の死を確認しました。

静岡市は、火曜日に医療施設で死亡した男性が、遺伝子検査に基づいてオミグラン変異体と診断されたことを確認しました。 彼は年をとっていて、すでに厳しい状態にありました。

シバ州政府は、火曜日に死亡した年配の女性が非常に感染していると述べた。 彼女はすでに循環器系に影響を与える病気にかかっていました。

女性はコロナウイルスに感染した家族と密接に接触しており、インフルエンザを含むCOVID-19の兆候を示した後、1月上旬に入院しました。 彼は2つのGovt-19ワクチンを受けていました。

Omigronバリアントは、11月に南アフリカによって最初に発表されました。 英国での最初の既知の死亡は12月13日に確認されました。

新しいバリアントがデルタバージョンを優勢なバリアントに変換するにつれて、世界中で毎週発生する新しいコロナウイルスの症例数は1500万を超えています。

一方、世界中で毎週発生するコロナウイルスの死者数は5万人で、ピーク時の10万人をはるかに下回っています。

保健省によると、木曜日の時点で、日本の3,699人がオミグラン変異体に感染していることが公式に確認されていますが、国内の新しいコロナウイルス症例の80%から90%はオミグロン株が原因であると考えられています。

沖縄県では、オミグロン保因者の90%が無症候性または軽度の症状しか見られず、変動が横行しています。

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  日本で孤立したバスターズのショッピング データを示す