Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は、ガザ地区のパレスチナ難民に370万ドルの食糧援助を提供しています-占領されたパレスチナの領土

本日、日本政府は、外務大臣の立会いのもと、国連パレスチナ難民救済事業庁(UNRWA)と4億円(約370万米ドル)の貢献協定を締結しました。 茂木敏充閣下、パレスチナ自治政府外務大臣、リアード・アル・マルキ閣下、UNRWAパートナーシップディレクターのカリム・アメル氏。

この重要な貢献により、UNRWAは、紛争の繰り返しと進行中のCOVID-19パンデミックのために食糧援助に依存するようになった、ガザ地区の100万人以上のパレスチナ難民に不可欠な現物食糧援助を提供し続けることができます。

「日本政府がこの危機的な時期にUNRWAに約370万ドルを寄付することを決定したことを皆さんと共有できることを嬉しく思います。 パレスチナ駐日大使のマゴシマサユキ閣下は次のように述べています。

ガザのUNRWA事務局長であるトーマス・ホワイト氏は、日本の寄付を歓迎し、次のように述べています。「UNRWAは、この貴重な貢献とパレスチナ難民への継続的な支援に対して日本政府に感謝します。 前例のない必要性の時に不可欠な人道支援を提供することを可能にするあなたの寛大さにとても感謝しています。」

日本の貢献により、UNRWAは、社会経済的および地域の健康状態の悪化に苦しむ19万人の貧しいパレスチナ難民に対する四半期ごとの現物支給の費用を賄うことができます。 ガザ地区の68%以上の世帯が、深刻または中程度の食糧不安に苦しんでいます。 現物での食糧援助の提供が中断されると、この脆弱性がさらに悪化します。

日本政府はUNRWAへの献身的なドナーであり、1953年以来同庁を支援してきました。2020年、日本政府はUNRWAが実存的危機に直面したときに重要な役割を果たし、同庁への5番目に大きな貢献者でした。 現在の寄付は、今年6月に食糧依存のパレスチナ難民を支援するために530万米ドルを寄付した後、2021年に日本がUNRWAの現物食糧プログラムを支援するのは2回目です。 日本政府などのドナーの永続的な支援により、同庁は、進行中の課題に直面している中東中のパレスチナ難民に重要なサービスを提供することができました。

背景情報:

UNRWAは、登録されたパレスチナ難民の数の増加、および彼らの脆弱性と貧困の増加に起因するサービスに対する需要の高まりに直面しています。 UNRWAはほぼ完全に自発的な寄付によって資金提供されており、財政的支援はニーズの増大によって追い越されてきました。 その結果、基本的なサービスの提供をサポートするUNRWAのプログラム予算は大幅に不足しています。 UNRWAは、すべての加盟国が共同で作業し、庁のプログラム予算に十分な資金を提供するためにあらゆる努力をすることを奨励しています。 UNRWAの緊急プログラムと主要なプロジェクトは、これも大幅な不足で運営されており、個別の資金提供ポータルを通じて資金提供されています。

UNRWAは、1949年に総会によって設立された国連機関であり、5つの活動分野にわたってUNRWAに登録されている約570万人のパレスチナ難民に支援と保護を提供することを義務付けられています。 その使命は、ヨルダン、レバノン、シリア、そして東エルサレムやガザ地区を含むヨルダン川西岸のパレスチナ難民が、彼らの窮状に対する公正で永続的な解決策を待つ間、人間開発における潜在能力を最大限に発揮できるよう支援することです。 UNRWAのサービスには、教育、医療、救援と社会サービス、キャンプのインフラと改善、保護とマイクロファイナンスが含まれます。

詳細については、以下にお問い合わせください。

Sami Mshashaコミュニケーションディレクター、アラビア語スピーカー携帯電話:+972(0)54216 8295オフィス:+972(0)258 90724電子メール:[email protected]

Tamara Al-Rifai、UNRWAスポークスパーソン携帯電話:+962(0)79090 0140電子メール:[email protected]

READ  モマ博士のクリニックでCOVID-19ワクチンを接種した人は全員、再ワクチン接種が必要です。