Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は、コロナウイルス感染後の時代にアフリカとの開発協力を強化することを約束します

東京(京堂)-林芳正外相は日曜日、アフリカのカウンターパートとの2日間の仮想会議を終え、中国の影響力が高まっているアフリカ諸国とのコビッド後の開発協力を強化することを約束したと述べた。

林氏は、中国の投資先国が返済できない巨額の融資を抱えている北京の「債務の罠」が懸念される中、アフリカの50カ国近くの国々の代表も透明で公平な開発金融の重要性を共有していると述べた。

日本の外務省によると、この会議は、8月に予定されている第8回アフリカ開発会議(TICAD)への道を開くためにオンラインで開催されました。

「第7回TICAD会議(2019年)以来、アフリカを襲った最大の変化の1つは、新しいコロナウイルスでした」と林氏は、アフリカ開発を支援する日本主導のイニシアチブに関する最近の閣僚会議の後で記者団に語った。

「成長の質に焦点を当てることにより、アフリカの開発と国連の持続可能な開発目標の達成を引き続き支援していきます」と林氏は付け加えました。

COVID-19のパンデミックはアフリカの経済と社会に大きな影響を及ぼし、国際社会の支援の必要性が高まっています。

日本の省によると、会談の中で、林氏は、ロシアのウクライナ侵攻は、エネルギーと食糧供給を混乱させることによってアフリカ諸国への圧力を高め、緊密な協力が不可欠であると述べた。

この困難な経済状況に照らして、日本の大臣は、債務の罠から抜け出したいアフリカ諸国を支援する意欲を表明した、と同省は述べた。

「日本は国際機関と協力して、開発途上国、特にアフリカ諸国がそのような資金に依存する必要がない環境を作るだろう」と林氏は中国に言及せずに述べた。 「私たちは、これらの資金調達慣行が、財源を切実に必要としている発展途上経済を広め、不安定にすることを許してはなりません。」

同省によると、チュニジアが議長を務める次回のTICAD会議は、8月27日から28日に予定されているが、仮想形式で開催されるかどうかなどの詳細はまだ調整中であると同省は述べた。

チュニジアは、2016年にケニアに続いてTICADを主催するアフリカで2番目の国になります。

TICADは、日本、国連、その他いくつかの国際機関の共催により、1993年に発足しました。最後に開催されたのは2019年8月、東京近郊の港湾都市横浜でした。

READ  人々はどこで変革に資金を提供しますか?