Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は、人口を支援し、ウクライナ東部の土地を開拓するために450万米ドルを割り当てています

日本政府は、ドネツクとルハンシク地域の人々を支援し、これらの土地を回復するために450万米ドルを割り当てています。

これは、5月14日にウクライナの内閣クラブで行われた記者会見で、副首相である一時的に占領されたウクライナ領土の再統合大臣であるOleksiyReznikovによって述べられた。

「日本政府と国際的なパートナーが今日行っているのと同じことは、国民のためだけです…今年、450万米ドル相当のプロジェクトが実施されます。資金は、ウクライナ国防省の医療機関、自由のない人々の支援、負傷者や病人の支援、医療支援や身体的リハビリテーション対策の提供、地域支援イニシアチブの提供など」とレズニコフ氏は述べた。

彼は、日本は国連や赤十字国際委員会と協力して、ドネツクとルハンシク地域ですでに多くの重要なプロジェクトを組織していると指摘した。 プロジェクトは、青少年教育とコミュニティ開発の分野で実施されてきました。 ウクライナの軍人に健康保護支援を提供しました。

レズニコフ氏は、日本政府、赤十字国際委員会、国連がウクライナを無条件かつ継続的に支援してくれたことに感謝しました。 彼はまた、人々がロシアの武力侵略の影響に苦しんでいるため、ドネツクとルハンシク地域の人道援助に感謝しました。

報告されているように、日本は2014年以来、ウクライナ東部での紛争の影響を受けた人々に人道援助を提供してきました。財政援助の総額は5,590万米ドルです。

READ  米国のデータが経済が勢いを増していることを示しているため、株式と利回りは上昇しています