Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は、炭素を削減するためにクリーンな原子力エネルギーを推進する計画を承認します

日本は金曜日に、2050年にカーボンニュートラルに到達するという国の公約を果たすために、クリーンエネルギー源として核エネルギーと再生可能エネルギーを促進する新しいエネルギー政策を採択しました。

11月初旬の気候サミットにちょうど間に合うように内閣が採択した新しいベースラインエネルギー計画は、日本が野心的な排出削減目標の達成を迫る中、今後10年間で化石燃料消費を削減するために再生可能エネルギーの使用を大幅に増やすことを求めています。

日本は2011年の福島第一原子力発電所事故以来、原子力産業をどうするかについて躊躇してきました。現在、日本は気候変動に対する世界的な取り組みを強化しようとしているため、原子炉の再起動が排出目標を達成するための鍵であると述べています。

経済産業省がまとめた128ページの計画では、日本は水素エネルギー、アンモニア、炭素リサイクル、原子力の野心的な目標を設定すべきだと述べています。 また、洋上風力発電の促進と、成長する可能性のある充電式バッテリーの使用も求められています。

計画は、排出目標を達成するために「すべてのオプションを動員する」と述べ、「安定した低コストのエネルギーを提供することが前提条件である」と付け加えた。

計画の変更は、菅義偉前首相が4月に発表した二酸化炭素排出量削減目標の達成を目的としています。 彼の後継者である岸田文雄氏は、原子力発電所の再稼働を支援しており、今月就任しました。

日本は、2050年までにカーボンニュートラルを達成するために、排出量を2013年のレベルから46%削減し、以前の目標である26%から引き上げることを約束しました。 中国は2060年までにカーボンニュートラルになることを約束しました。

エネルギー計画では、再生可能エネルギーが2030年のエネルギー供給の36〜38%を占め、現在の目標である22〜24%から増加し、水素やアンモニアなどの新たに導入された燃料が1%を占めると述べています。

化石燃料の使用目標は、2030年には56%から41%に引き下げられました。 計画では、日本は予定表を指定せずに化石燃料への依存を減らすと述べた。 彼女は、日本は今年初めに、排出削減策のない石炭火力発電プロジェクトへの対外援助の提供を停止するというG7の誓約を遵守すると述べた。

排出物のない2050年の目標は、原子力発電所の再稼働を加速するための呼びかけを引き起こしました。 日本の化石燃料への依存を減らすための進展は、2011年の福島第一原発事故後のほとんどの原子力発電所の長期停止によって妨げられてきました。

この計画は、原子力発電の目標を20〜22%に据え置いています。 日本は、原子力への依存を可能な限り減らすことを目指しているが、原子力は引き続き重要なエネルギー源であると述べている。 専門家によると、段階的廃止は間もなく行われる可能性は低いとのことです。

萩生田経済産業相は、「根本的な省エネ、再生可能エネルギー源の最大限の促進、原子炉の安全な再起動」が不可欠であると述べた。

日本は、プルトニウム燃焼マンゴ原子炉の故障やプルトニウム備蓄の国際的な懸念にもかかわらず、使用済み核燃料をプルトニウムに変換する核燃料再処理サイクルを継続する。

計画によれば、政府のタスクフォースは、福島の崩壊後に施行されたより厳しい安全基準によって遅れている原子炉の再起動を「加速」するだろう。

原子力を支持する一部の業界関係者や議員からのこれらの呼びかけにもかかわらず、新しい原子炉を建設する可能性については言及されていませんでした。 日本は、小型モジュール炉(SMR)の研究開発を続けています。これらは、クリーンで手頃な価格の、より安全な原子力発電オプションです。

原子力の目標は、国民の間での反核感情の持続と当局によるより時間のかかる安全チェックのために達成するのが難しいでしょう。 エネルギー計画では数値目標については言及されていませんが、専門家によると、20〜22%の目標では約30基の原子炉を再起動する必要があります。

公益事業会社がより厳しい福島後の基準の下で必要とされる追加の安全対策に多額の投資をするのではなく、古い原子炉を処分することを選択したため、日本の54基の実行可能な原子炉のうち24基が福島第一原子力発電所の廃炉に指定された。 過去10年間で再起動された原子炉はわずか10基です。

READ  日本の会社Skylarkが非接触型ダイニング用のロボットウェイターを紹介