Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は、高速で移動する小惑星を軌道からそらして地球に衝突させる宇宙船技術を試験中

日本は、高速で移動する小惑星を軌道からそらして地球に衝突させる宇宙船技術を試験中

日本の機関であるジャクサスペースは、地球に向かう高速で移動する小惑星を迎撃し、方向転換する能力を証明するために、はやぶさ2探査機の再利用可能な試験を実施する予定であると伝えられている。

はやぶさ2探査機は2014年に打ち上げられ、2018年には地球から3億キロメートル以上離れた小惑星1999 JU3(リュウグウとも呼ばれる)に2回着陸した。

約18か月にわたって宇宙の岩石を調査し、探査機は小惑星の表面にペレットを発射し、落下したサンプルを収集した。その後、それらのサンプルはカプセルに入れて送られ、2020年にオーストラリアの奥地に堆積された。

科学者たちは、宇宙船の組成についての洞察を得るために、探査機から提供されたサンプルの研究を続けています。

一方、はやぶさ2は現在、直径約500メートル、地球から1,200万キロメートル(800万マイル)以上離れた小惑星2001 CC21への2026年のミッション中である。

JAXAによると、その後2031年には、はやぶさ2は、高速回転するスクールバスほどの大きさの小型小惑星1998 KY26のそばを飛行する予定で、その軌道は地球の軌道と交差するという。

SCMPによると、ジャクサ氏は「『小さくて速い』という特徴は、小惑星の表面近くに非常に特殊な物理的環境を生み出し、そこでは回転によって生じる遠心力が小惑星の重力を超える」と述べた。

JAXAは、このサイズの宇宙岩石が100年から1,000年ごとに地球に衝突し、重大な損傷を引き起こす可能性があるため、この小惑星を研究したいと考えています。

JAXAはこれら2つのミッションで、宇宙船を小惑星に衝突させるのに必要な技術と同等の技術を実証することを期待している。

「この種の技術は、宇宙船が小惑星に衝突して軌道を修正するのに必要な技術と同等であり、フライバイは惑星防衛にも貢献できるミッションとなる」と日本の航空宇宙庁は声明で述べた。

はやぶさ2がもともと小惑星ランデブー用に設計されており、高い相対速度で通過する小惑星を遠くから観測するフライバイミッション用ではないことを考えると、これは特に困難になるだろう。

たとえば、2026年のミッションでは、小惑星2001 CC21とはやぶさ2は、秒速5キロメートル(時速1万8000キロメートル)という猛スピードで互いにすれ違うことになる、とJAXAは述べた。

NASAのDARTミッションが小惑星と衝突

NASA は、小惑星が宇宙船に衝突すると、宇宙の岩石の進路が変わる可能性があることをすでに証明しています。

2021年11月に打ち上げられたダーツ試験(ダブル小惑星リダイレクション試験)は、小惑星ディモルフォスを目標に数カ月かけて移動し、昨年9月に時速1万4400マイルで衝突した。

NASAのテストにより、いつか地球を脅かす小惑星の方向を変えるために、運動衝撃法が使用できる可能性があることが明らかになった。

天文学者らはまた、小惑星で核爆発装置を爆発させて、地球に衝突するコースを外さないようにする方法も模索している。

JAXAの次の試みは、これらの実験に加えて惑星防衛に貢献する可能性がある。

READ  富士通、日本にハードウェア事業専門会社「富士通グローバル」を設立