Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は、6カ国に参加するための衝撃的な動きについて話し合いを始めたと言います

日本は、ワールドラグビーで最大の年次トーナメントに参加することについて、6カ国の雇用主との話し合いを開始したと述べています。

ブロッサムズはまた、ラグビーチャンピオンシップとの合併の交渉を開始しました。これは実行可能な選択肢であると彼らは言います。

しかし、ハイレベルな議論の中で、6カ国を7カ国に変える可能性もあります。

2019年のワールドカップでは、日本はセンセーショナルな攻撃から撤退しました。ジェイミージョセフのチームは、2020年に6回のテストのうち1回だけ勝ち、Govt-19がプレーしなければならない試合数を管理しました。

シックスネイションズまたはエクステンデッドラグビーチャンピオンシップでニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチンと組み合わせると、彼らは定期的なタイアップを期待しています。

世界チャンピオンのSpringboxがトーナメントを去り、イングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド、フランス、イタリアと並ぶ6か国で必然的に行き詰まるという話もありました。

日本ラグビーフットボール協会の会長兼最高経営責任者である岩渕健津介氏は、国の公式ウェブサイトで彼の計画の概要を説明しました。

「私たちの代表チームが2年間最高の役割を果たしていないという事実は、最大の影響を及ぼしました」と彼は言いました。

「私たちは間違いなく定期的な国際競争に参加する必要があります。そうしないと、一貫して強い側面を維持することは期待できません。

「ヨーロッパには6つの国があり、南半球ではラグビーチャンピオンシップがあります。

「2つの試合について話し合っていますが、日本は技術的には北半球にありますが、タイムゾーンの観点からはオーストラリア、ニュージーランド、太平洋に近いので、それらとつながるのは理にかなっています。大会」

日本のサンウルブズは以前、ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカに対してスーパーラグビーをプレーしました。

シックスネーションズの最高経営責任者であるベンモレル氏は、秋に南アフリカに来ることについて、次のように述べています。非常に慎重にそれを行うために。」

最新のウェールズラグビーニュースを直接あなたに送るべきですか? これ以上見ないでください。

READ  イキ&サトウジャパンスチューデントスイミングCは今週後半に発送されます