Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は、Modernaワクチンの懸濁用量でステンレス鋼粒子を発見しました

東京(ロイター)-日本の保健省は水曜日に、Moderna Incの懸濁COVID-19ワクチンの汚染物質はステンレス鋼粒子であり、それらが追加の健康リスクをもたらすとは予想していなかったと述べた。

日本は先週、地元メディアが金属であると報告した汚染の通知を受けた後、163万回分のModernaワクチンの使用を停止しました。 同省は声明のなかで、水曜日の調査結果は地元の販売会社である武田薬品工業が行った調査の結果であると述べた。

武田薬品とモダンはプレスリリースで、「ステンレス鋼は心臓弁、関節置換、金属糸、ステープルに日常的に使用されている。したがって、日本でこれらのキットで特定された微粒子注射は、医療リスクを高めるとは予想されない。 「」 共同声明。

木曜日、39本のバイアルに異物が含まれていることが判明した後、Modernaのワクチンの3つのバッチが中断されました。 すべてのバイアルは1つの部品でしたが、Modernaワクチンを供給するスペインの製薬会社Roviの同じ製造ラインからのものであったため、予防措置としてさらに2つが保留になりました。

武田薬品は、ModernaとRoviとの共同調査を引用し、汚染の原因として最も可能性が高いのは、機械内の2つの金属片間の摩擦であり、フラスコのストッパーが配置されたと述べました。 材質は316グレードのステンレス鋼であることが確認されています。

声明によると、製造上の問題の影響を受けたのは3つの中断された区画のみであり、Roviは是正措置を講じた。

今週、日本の3つの地域で、異なるバッチからのModernaのワクチンの他の投与も一時的に中止されました。 未使用のバイアルに異物が見つかった場合もあれば、針を誤って挿入したときにゴム栓の一部が壊れたためと思われる場合もあります。

汚染の問題は、保健省が土曜日に、38歳と30歳の2人の男性が2回目のモデルナの投与を受けてから数日以内に8月に死亡したと述べた後、より注目を集めました。 それぞれが中断されたグループの1つから用量を受けました。

どちらの場合も、死因はまだ調査中です。 武田薬品は、ワクチンが死亡を引き起こしたという証拠はないと述べた。

同社は声明のなかで、「現在、この関係は偶然だと考えられている」と述べた。

(RockySwiftによる報告; AndrewHeavensとPaulSimawによる編集)

READ  ジョン・マータウグは、マンチェスター・ユナイテッドがクリスティアーノ・ロナウドに署名したくない理由を知っています-スティーブン・リルストン