Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は「広範な戦略的パートナー」として100万回分のアストラゼネカをベトナムに寄贈

報告によると、日本はベトナムに100万回分のアストラゼネカコロナウイルスワクチンを寄贈し、そのうち80万回は、コロナウイルスの急増が見られる南部の産業電力センターであるホーチミン市で使用される予定です。

ホーチミン市総領事館渡辺信弘氏は、ベトナムのトゥオイチェーオンラインニュースポータルで、「「大規模な戦略的パートナー」として、日本は多くの分野でベトナムと幅広く協力している」と述べたと伝えられた。

「この奨学金は、日本とベトナムの深い友情の証であり、国と世界全体のパンデミックの際の困難を克服するために団結することを示しています。

ベトナムと日本は、2014年にアジアの平和と繁栄のための大規模な戦略的パートナーシップに署名しました。

2020年、菅義偉首相が初めてベトナムを訪問した。 日本はベトナムへの主要な投資家であり、貿易相手国です。 ベトナムはASEANの一部として、日本の包括的な経済パートナーでもあります。

スリランカはまた、日本からアストラゼネカワクチンを取得しようとしています。

スリランカの経済貿易政策は、高い輸入関税の消費者を搾取するいわゆる輸入代替企業を保護することを目的としており、これはまた、対外関係の波紋を引き起こします。

日本からの自動車は、以前は200%以上の税金が課されていましたが、2020年にお金を印刷すると外貨が不足したため、現在は他の国の自動車や他の多くの商品と一緒に禁止されています。

欧州連合は、スリランカの輸出の最大の買い手であると言って、規制に抗議しました。

5月には、日本が建設した3番目のライトレール輸送列車がホーチミン市に到着し、運転手が訓練されています。

スリランカは、設計に数年を要した日本資金によるLRTを突然キャンセルした。 プロジェクトに関わった日本のコンサルティング会社がスリランカに補償を要請した。

一方、ベトナムの日本企業は、ベトナムが設立したワクチン基金に392億ドンを寄付しました。

「日本企業は、COVID-19の流行を抑制し、事業活動をできるだけ早く正常に戻すことができるようにしたいと考えています」と渡辺氏は述べています。

「企業の経済活動の維持・発展の観点から、予防接種計画が円滑に行われ、ベトナム最大の経済都市であるホーチミン市の経済活動が円滑に行われることを期待しています。

ベトナムは、サプライチェーンの強化により、日本にとってますます重要になっています。 渡辺氏は、パンデミックにもかかわらず、日本企業はベトナムへの投資に熱心だと語った。

ベトナムを殺したコロナウイルスの初期の発生は、東京が工場から戻ってきた日本人のビジネス旅行者をテストしたときに発見されました。

日本総領事館は、ベトナムの役割が日本企業にとってますます重要になっていること、そして世界経済におけるサプライチェーンとのより深いつながりを認めました。

「COVID-19パンデミックの影響を受けている状況でも、企業はベトナムに引き続き大きな注意を払い、投資する準備ができています」と彼は強調しました。

ホーチミン市は、コロナウイルスワクチンを独自に輸入して使用することを許可されています。 (コロンボ/ 2021年6月18日)

READ  日本を拠点とする日精樹脂工業は、米国本社をサンアントニオの南東側に移転しました。