Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はアジアのゼロエミッションへの取り組みをリードすることを望んでいる-外交官

山口毅環境大臣は火曜日、炭素を削減、回収、使用するための新技術が開発されるにつれて、日本は今後20年間で石炭火力発電所を段階的に廃止すると述べた。

山口氏はAP通信とのインタビューで、日本はアジアでのゼロエミッション推進を主導することを望んでおり、2050年までにカーボンニュートラルを達成するという公約を果たすために炭素税を導入する準備をしており、排出量を削減するためのより強力なインセンティブを生み出していると述べた。

「2030年までに石炭火力発電所で何をするかについて詳細を述べることはできませんが、排出量を削減するためにできる限りのことをします」と山口氏は語った。

世界第3位の経済大国である日本での現在の取り組みは、従来の石炭火力発電所でアンモニアを燃焼させ、おそらく1940年代に石炭の使用を段階的に廃止する方法の開発に焦点を合わせています。

批評家や環境団体は、現在の政策は石炭の使用を延長し、炭素排出量の削減を妨げると述べ、再生可能エネルギーの促進にもっと焦点を当てるよう日本に促している。

この記事を楽しんでいますか? フルアクセスにサインアップするには、ここをクリックしてください。 月額たったの5ドル。

批評家はまた、多くのアジア諸国への開発援助の一環として、過去に日本が石炭火力発電所を推進していると非難している。

山口氏は、日本は他のアジア諸国への支援の一環として、炭素の回収、使用、貯蔵技術の開発を加速すると述べた。

日本は、多くのヨーロッパ諸国に対して可能な限り迅速に石炭火力を禁止することを約束することに消極的であると見られています。 昨年末にスコットランドのグラスゴーで開催された国連のCOP-26気候サミットで、彼女はその地位に対して環境団体からFossilToday賞を受賞しました。

日本は、2011年に発生した地震、津波、福島第一原子力発電所のメルトダウンという3つの災害が発生し、多くの原子炉が停止する前は、原子力への依存度が高かった。 安全性の向上後に再開したものもありますが、州は依然として経済を活性化するために以前よりも多くのガスと石炭を使用しています。

エネルギーの専門家や専門家によると、日本は現在、2030年までにエネルギーミックスの20〜22%を供給するという野心的な原子力発電の目標を掲げています。それまでに、日本は排出量を2013年のレベルから46%に削減することを約束しています。

最新の政府データによると、昨年、日本は約11.5億トンの温室効果ガスを放出し、前年比5.1%、2013年レベルから18.4%減少しました。

グラスゴーサミットで、岸田文雄首相は、アンモニア、水素、その他の革新的な脱炭素技術の使用を奨励することにより、炭素排出量の削減を支援することを約束しました。 彼は、日本がいつ石炭火力発電を終了するかについては述べなかった。

日本は石炭の減速と見られているが、山口氏は、東京は市場メカニズムに関する合意に貢献したことを認めるべきだと述べた。

山口氏は、炭素税は、岸田が月曜日に発表した「ゼロエミッションアジアコミュニティ」ビジョンの下で、日本が他国の排出削減努力に貢献するのに役立つだろうと述べた。

山口氏は、炭素税やいつ制定されるかについての詳細を明らかにしなかった。 検討中の炭素価格設定措置には、企業や家庭への炭素税の導入、および排出権取引が含まれます。 政府はこの問題に関する決定を発表していません。

この記事を楽しんでいますか? フルアクセスにサインアップするには、ここをクリックしてください。 月額たったの5ドル。

岸田は火曜日に、政府が義務付けた専門家と職員の「クリーンエネルギー戦略」パネルを立ち上げ、メンバーに炭素価格を調査し、夏までに計画を提出するよう求めた。

ジョンズホプキンス大学で政治学の博士号を取得した元外交官である環境大臣は、炭素クレジットの共通メカニズムについて他の17か国と協議するための枠組みを立ち上げ、最終的に排出量をゼロに削減することを検討していると述べた。石炭から。 – 発電所。

理想的には、山口氏は、フォーラムにはすべてのアジア太平洋諸国が含まれると述べた。

「環境問題には境界がない」と彼は言った。

READ  東京は象徴的な建物を取り壊しました。 これはいい。