Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はアジア太平洋地域の水問題を解決するために5000億円を提供しています

日本の岸田文雄首相は土曜日、アジア太平洋地域の水関連の問題を解決するために、日本は今後5年間で約5,000億円を提供すると発表した。

岸田文雄は、同日熊本で開催された2日間のアジア太平洋水サミットのサミットレベルのセッションで発言した。

首相は、国内の最新技術を使用して高品質のインフラストラクチャーの開発を支援することへの自国の熱意を示した。

会議には、約30の国と地域から、オンライン参加者を含む約140人が参加します。

参加者は、持続可能な開発のための水をテーマに、気候変動の影響で悪化する洪水や​​その他の自然災害に対処するための水資源の管理方法や対策について話し合います。

岸田文雄氏は開会式で、「これは、アジア太平洋地域の知恵と決意を組み合わせることで、世界の水問題を解決するための大きな一歩を踏み出す良い機会です」と述べた。

岸田文雄首相は、土曜日に熊本で開催されたアジア太平洋水サミットで講演します。 | 共同通信

今上天皇と皇后雅子は大体皇居から式典に出席しました。

「第4回アジア太平洋水サミットが実りある結果をもたらし、アジア太平洋地域および世界中の水問題に取り組むための重要な一歩となり、それによって全人類に平和と幸福をもたらすことを心から願っています」と皇帝彼の30分のスピーチで言った。

サミットレベルの協議を締めくくるために、来年3月に予定されている国連水会議2023での議論に熊本宣言が採択される。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日産の夢の車はもはや前庭から運転することはできません