Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はインフレに注目している。 円と人民元の下落

日本はインフレに注目している。 円と人民元の下落

ジェイミー・マッキーバー著

(ロイター) – アジア市場の今後の展望。

金曜日には日本のインフレが精査され、円安、原油価格の上昇、金融政策正常化に対する日本の慎重なアプローチにより、円安は通常よりも下振れする可能性が高い。

金曜日の大陸全体のセンチメントは、木曜日の米国株と債券の下落とドルの上昇によって曇った可能性があり、投資家が利益を確保するよう促した – 今週、アジア株は2年ぶりの高値を記録し、世界株は史上最高値を記録。

最近のケースと同様、中国は暗い例外だ。 優良株は木曜日に2カ月ぶりの安値に下落し、5週連続の下落が続いており、人民元は対ドルで11月以来の安値水準に下落した。

中国と西側諸国との間の貿易摩擦は投資家を懸念させている。 ドイツのロベルト・ヘベック経済大臣は木曜日、ソウルで韓国とドイツの両国が中国からの脱却、原材料供給先の拡大、主要製品への依存の削減を目指していると述べ、事態を混乱させた。

米国産WTI原油とブレント原油価格は4月30日以来上昇している。 WTIは6月4日以来13.5%上昇しており、それ以降11営業日中2営業日を除くすべての営業日で上昇している。 ブレントは3セッションを除くすべてのセッションで12%上昇した。

まだ始まったばかりですが、中央銀行は原油価格の持続的な上昇がインフレに与える影響を認識しており、日本銀行ほどよく知っています。

円が対ドルで記録的な安値にある中、エネルギーの90%以上を輸入している国にとって、ドル建て原油価格の上昇は極めて重要だ。

円は木曜日に1ドル=159.00円まで下落し、「介入」領域に深く突入した。 トレーダーらは本当に東京を160.00レベルに押し上げることで東京の決意を試すことができるだろうか?

米財務省は木曜日、昨年は主要な貿易相手国で為替操作はなかったが、日本を中国、ベトナム、台湾、マレーシア、シンガポールなど他のアジア諸国とともに外国為替の「監視リスト」に加えたと発表した。

一方、日本の最新のインフレ統計は、食料とエネルギーを除いた年間コアインフレ率が4月の2.2%から5月には2.6%になる可能性があることを示すと予想されている。 4月の総合インフレ率は2.5%になる可能性があるが、ゴールドマン・サックスのエコノミストらはインフレ率を2.9%と予想していた。

金曜日のアジア/太平洋地域カレンダーには、日本、オーストラリア、インドにおける今月の工場およびサービス活動の予備測定を含む、6月の最初のPMIレポートの発表が含まれます。

企業の世界では、ソフトバンクグループが年次株主総会を開催します。

金曜日の市場にさらなる方向性を与える可能性のある主な展開は次のとおりです。

– 日本のインフレ(5月)

– 日本、オーストラリア、インドのPMI(6月)

– ソフトバンク株主総会

(ジェイミー・マクギーバー記者;編集)

READ  日本の大阪湾でのクジラの死、原因と頻度について懸念が高まる:「社内のGoogleマップは混乱している」