Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はオミクロンアラートを最高レベルに引き上げる

日本の国立感染症研究所は、この株が世界中に広がり続けているため、オミクロンに関するコロナウイルスの警告を最高レベルに引き上げました。

研究所は、以前は「関心のある変数」として知られていたオミクロンを「関心のある変数」として指定しました。これは、3レベルのアラートレベルで2番目に高いものです。

伝染性の高いデルタ株は、研究所の懸念される変異株のリストにも含まれています。 日曜日の任命は、懸念の変数としてのオミクロンからの世界保健機関の金曜日の分類に従った。

日本研究所によると、オミクロンには約30のスパイクタンパク質変異が含まれており、感染性とワクチン耐性を高める可能性があります。

政府は、オミクロン変異体の症例の発見を発表していませんが、ヨーロッパとオーストラリアで、より多くの国が自分たちを閉鎖しようと旅行制限を課しているため、この株が発見されました。

日本は日曜日に、新しい代替案を発見した後、より厳しい入国規則の対象となる国のリストにモザンビーク、マラウイ、ザンビアを追加しました。

岸田文雄首相は土曜日、ボツワナ、エスワティニ、レソト、ナミビア、南スーダンなどのアフリカ諸国を最近訪れた旅行者に要求を開始した翌日、政府は「国境管理措置がしっかりと実施されている」ことを確認したいと記者団に語った。 。 アフリカまたはジンバブエは、到着時に政府指定の施設で10日間過ごします。

指定国からの旅行者は、10日間、到着後3日、6日、10日目にコロナウイルス検査を受ける必要があります。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  アルプスは不気味に緑になりつつあります