Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はオミクロン主導の第6波に備える-外交官

東京レポート | コミュニティ | 東アジア

新しいオミクロンの亜種の蔓延は増加しており、当局は最悪のシナリオに備えています。

コロナウイルスの蔓延を防ぐために保護マスクを着用している人々は、2021年12月29日水曜日に東京で日本の国旗の近くの横断歩道に沿って歩きます。

画像クレジット:AP Photo / Eugene Hoshiko

日本の当局は、先週大阪で旅行歴のない家族でのコミュニティ感染の最初の症例が発見された後、COVID-19のオミクロン変異体に非常に警戒しています。 オミクロンの新しい症例は、沖縄、広島、福岡、愛知、大阪、京都、東京など、主要都市の外に広がっています。

パンデミックが始まって以来、日本全土での新たな感染率は記録的な低さまで低下し、専門家を困惑させています。 しかし、最近、毎日の新しい症例数が増加しています。 オミクロン変異体は、デルタ株への感染性が高いと考えられていますが、軽度から中等度の症状を引き起こす可能性があります。 ただし、年末年始の旅行の増加に伴い、地域の広がりが加速することが懸念されます。

岸田文雄首相は先週、国が地元で発生する準備ができていると記者団に語った。 日本は、世界で最も厳しい国境制限のいくつかで評判を築き、感染者との「密接な接触」と見なされる人々のために指定された施設に14日間の検疫を導入しました。 さらに、政府は来週、最近承認されたCOVID-19抗ウイルス薬の投与を開始し、一般の人々へのブースター用量の展開を「可能な限り」スピードアップすることを目指しています。 3月の高齢者。

岸田文雄は「最悪の事態を想定し、可能な限り多くの対策を講じる」と政治的に論理的なアプローチを取り、「少なすぎるより多すぎる方が良い」と説明した。 しかし、政府の健康諮問委員会は、感染の急速な拡大と医療システムを強化する必要性について警告しました。 委員会の予測によると、1月中旬までに大阪での症例の90%をオミクロンが占める可能性があります。 専門家委員会は、政府に対し、国境制限から国内措置に焦点を移すよう要請した。

政府は、無症候性の症例と軽度のオミクロン症状のある症例のために66,000の部屋を指定しました。 「密接な接触」と見なされる人々は、家の隔離のために、いくつかの例外を除いて、指定された施設で検疫する必要があります。 しかし、日本でウイルスが勢いを増すにつれ、密接に接触する人の数が少しずつ増えるのではないかという懸念があります。 最大1,000人が検疫を必要とする航空機から密接に接触したとみなされているため、事故による圧力の高まりに直面している地方自治体によって宿泊施設が規制されています。 政府はそれ以来、COVID-19の人の5列に座っている乗客との「密接な接触」の定義を緩和しました。

この記事を楽しんでいますか? フルアクセスにサインアップするには、ここをクリックしてください。 月額たったの5ドル。

一方、ワクチンの発売を担当した河野太郎前大臣は、オミクロンの普及の中でブースターワクチンの配布のペースを批判している。 彼は首相に救済のスピードを検討するよう促し、国は援軍がより広く利用可能になるまで8ヶ月待つことができないと述べた。

11月下旬に南アフリカでオミクロンの亜種が発見されたため、政府は、外国人旅行者とすべての新しいビザ保有者が日本に入国するのを防ぐための厳しい国境制限を再導入しました。 日本人に影響を与えなかったこの動きは、地元の反対をほとんど引き付けませんでした。 発表後に共同通信が実施した世論調査では、回答者の90%が国境閉鎖を支持した。 制限は当初12月末に期限切れになるように設定されていましたが、「オミクロンの亜種についてさらに知られるまで」延長されました。

日本の米軍は、米国が人員を日本に移す前にPCR検査を実施しなかったことを発見した後、彼らの不潔なCOVID-19検査で非難されました。 COVID-19のクラスターは今月、日本のいくつかの米軍基地で検出されました。これには、オミクロンの亜種の症例が含まれ、国境での現在の政府のCOVID-19制限を弱体化させています。

岸田氏はソーシャルメディアに年末年始のビデオメッセージを投稿し、マスクの着用、人混みの回避、手を洗うなどの通常の予防措置を維持するよう人々に呼びかけました。 彼はまた、国がパンデミックに対処するために多くの時間を費やしている間、「明るい未来」の兆候があると言いました。

READ  医師は、ワクチン未接種の患者が死亡したことに対する恐れと後悔を感じています。