Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はオリンピックの最中に記録的な高さを記録した後、ウイルスの緊急事態を拡大

日本は、首都がオリンピックを主催するにつれて感染が記録的に増加した後、金曜日に東京に加えてコロナウイルスに関連する非常事態を他の4つの地域に拡大した。

菅義偉首相は、月曜日から8月31日まで、東京近郊の埼玉県、神奈川県、千葉市、および大阪西部で非常事態を宣言した。 東京と沖縄本島ですでに実施されている緊急措置が延長されます。 8月末まで、オリンピック後、8月24日から始まるパラリンピックまで。

2週間以上の緊急措置にもかかわらず、東京での症例数の急増は、感染を効果的に遅らせることができるという疑いを引き起こします。

北海道、京都、兵庫、福岡を含む他の5つの地域では、緊急規制が緩和されます。

東京は、木曜日の3,865件を含む、3日間連続で記録的な増加を記録した後、金曜日にさらに3,300件の症例が記録されました。 事件は先週から倍増したが、当局はこの増加はオリンピックとは何の関係もないと言っている。

非常事態宣言の拡大を発表しつつ、「東京や西部の都市部では、これまでにない速さで感染が拡大している」と述べた。 より多くの広がりとデルタが伝染するので、上昇が現在のペースで続くならば、日本の医療システムは崩壊するかもしれないと彼は言いました。

保健省によると、日本は他の多くの国に比べて死亡者数を抑えていますが、7日間の移動平均は増加しており、現在、全国で10万人あたり28人、東京で10万人あたり88人です。 ジョンズホプキンス大学のデータによると、これは米国で18.5、英国で48、インドで2.8と比較されます。

当局によると、東京には現在の6,000床の収容能力の約半分である2,995人が入院しており、一部の病院はすでに満員である。 10,000人以上が自宅または指定されたホテルに隔離されており、5,600人近くが自宅で待機しており、保健センターが彼らの治療場所を決定しています。 東京はまた、病院のベッドを待っている間に酸素を必要とする人々のための施設を設置しています。

全国的に、日本は木曜日に10,687件の症例を報告し、初めて10,000件を超えました。 パンデミックが始まって以来、東京での2,288人を含む15,166人のCOVID-19による死亡を記録しています。

緊急対策は、レストランやカラオケバーでの短時間労働と飲酒禁止に重点を置いていますが、在宅勤務のみで済むため、効果が薄れてきています。 多くの人が制限にうんざりしているため、対策に反対しています。

菅氏は、彼の主な戦略はそれほど変わらないだろうと語った。 同氏は、協力する事業主への補助金の支払いが早くなり、地方自治体が「対策の効果を高めるために」パトロールを実施すると述べた。

彼はその後の記者会見で、政府は患者の悪化を防ぐために軽度の症状のある患者に抗体カクテル治療を使用することに同意したと述べた。 しかし専門家は、何千人もの人々が病院のベッドを待っているので、治療は多くの人にとって遅すぎるかもしれないと言います。

健康への懸念が広まっているにもかかわらず、オリンピックの開催を主張しているとの批判に直面している菅氏は、最近の試合数の増加はオリンピックとは何の関係もないと語った。 彼はますます感染している若者の予防接種をスピードアップすることを約束しました。

小池百合子東京都知事は金曜日の初めに、30代以下の人々が最近多くの事件を登録していることを指摘し、「危機感を共有する」ことと、マスクの着用やパーティーの回避などの基本的な措置に従うよう促した。

木曜日の時点で、日本の人口の27%が完全にワクチン接種されています。 完全ワクチン接種を受けた高齢者の割合は71.5%。

READ  日本政府が経済見通しを維持した後、米ドル/円は110.00を回復