Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はオリンピックの2週間前にCOVID-19による非常事態を宣言します

日本は、東京でのオリンピック期間中、非常事態宣言を発令しました。 疫学的状況が改善しない限り、来週の月曜日に始まり、8月22日まで続きます。

決定後の記者会見で、菅義偉首相は、以前の非常事態が解除されてからわずか3週間後に、新たな非常事態を課さなければならなかったことを市民に謝罪した。

それ以来、東京はより回復力のある緊急事態に近づいており、この地域での感染の第5波の増加を止めることはできません。

日本に到着し、COVID-19に感染していることが確認されたオリンピック選手の多くの症例に、日本人は警戒していました。デルタ型のものもあれば、国境を越えたものもありました。

オリンピックの主催者は、今日、観客を許可する決定を下します。 菅の発表の数時間前に東京に到着したIOCのトーマス・バッハ会長が含まれます。

外の観客はすでに試合への参加を禁じられています。 新しい非常事態は、地元のファンも同様に許可される可能性を減らします。

日本は予防接種において他の先進国に遅れをとっています。 先月のワクチン接種の一時的な増加の後、ワクチン接種のペースは最近遅くなり、ワクチンの供給は減少しています。


READ  景気回復への期待から東京株が上昇