Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はオリンピック選手の予防接種を監督している:報告

2021年4月6日; 東京、日本; 東京2020オリンピックに向けて、2021年7月に大台場から始まるオリンピックリング、レインボーブリッジ、東京タワーの彫刻の概観。 強制クレジット:徳地幸仁-USA Game Today

東京(ロイター)-日本政府は、7月下旬に始まるオリンピックとパラリンピックに参加するアスリートにGovt-19ワクチンを優先させることを検討していると京都通信社が報じた。

日本のワクチンドライバーは、ほとんどの主要経済国に大きく遅れをとっており、承認されたワクチンは1つだけであり、新しい症例の増加に苦しんでいるにもかかわらず、2月以来約100万人が初回接種を受けています。 高齢者の予防接種は来週から始まる予定です。

京都が水曜日に引用した政府当局者によると、政府は、オリンピックとパラリンピックのすべてのアスリートが6月末までに予防接種を受けることを確実にする可能性を模索し始めた。

報告書はソーシャルメディアで怒りを引き起こし、ワクチンに関する独自の政府プログラムは医療従事者、高齢者、慢性疾患のある人々を優先し、多くの市民が夏までにワクチンを接種する可能性は低いと指摘しました。

「その時、それは単に私たちの気づきになりました。 6月中旬にすべての高齢者にワクチンが接種されるかどうかはわかりませんが、すべてのアスリートにワクチンを接種する予定ですか? 」は「葵海2」を書いた。

日本人の大多数はすでにオリンピックの延期、キャンセル、延期を望んでいるが、政府は7月23日から計画通りに進むと述べている。一部のコメンテーターは次のように促している。そのような計画で。 「」

しかし、他の人は非常に単純な懸念を持っていました。

「これを最初に母に渡してください」とある人は書いています。 「アスリートはみんな若くて健康です。」

ElaineLiesによる報告。 MichaelPerryによる編集

READ  日本の首相の顧問は最低賃金の引き上げを促します