Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はオリンピック選手の定期検査で健康管理を強化NHKエキスパート東京日本大阪

日本の菅義偉首相は月曜日、ウガンダのオリンピックチームのメンバーがトレーニングキャンプを主催する都市でCOVID-19の陽性反応を示した後、空港の健康管理を強化することを約束しました。

ウガンダチームのメンバーであるコーチは、土曜日に東京の成田空港で陽性反応を示し、そこで隔離されました。 しかし、残りの9人のチームは、貸切バスで大阪府西部のオリンピック前のキャンプまで500 km(300マイル)以上移動することを許可されました。

3日後、別のウガンダ国民がウイルスの検査で陽性となり、チームと緊密に連絡を取り合っていた7人の町の役人と運転手が自己隔離を余儀なくされました。 チームメンバーは地元のホテルで隔離されました。

両方のウガンダ人がより伝染性の高いデルタ型のウイルスに感染していると宣言された後、懸念が高まった。

菅はこの事件の批判を受けて、東京の羽田国際空港に駆けつけ、入国者のウイルス検査をチェックし、7月23日のオリンピック開幕前に日本に入るオリンピックとパラリンピックの参加者が増える中、適切な国境管理を確保することを誓った。

東京医師会の尾崎晴夫会長は日曜日、NHKの公共テレビで、ウガンダの事件は日本の国境での健康管理が簡単に破られる可能性があることを示したと述べた。 「国境管理には十分な時間があったが、国境管理は十分ではないようだ」と彼は述べた。

吉村洋文大阪府知事は、チーム全員が成田空港で隔離されるべきだったと述べた。

政府当局者は当初、空港の健康管理を肯定的なケースを正しく検出して隔離することとして擁護し、連絡先を追跡し、密接な接触が疑われる人を隔離することは彼らの仕事ではなく、地元の保健当局の仕事であると述べました。

専門家は、6月21日に非常事態が緩和されて以来、東京や他の都市部の人々の移動が大幅に増加していることを指摘し、東京地域での感染の再発の兆候を警告した。

東京は月曜日に317の新規症例を記録し、前週の236から増加し、週単位で9日連続で増加し、デルタバリアントの症例が増加しました。 専門家は、それがオリンピック中に別の緊急事態を必要とするレベルへの復帰をスピードアップする可能性があると述べました。

READ  集団的知性の発達