Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はカンボジアと提携し、地雷除去の知識をウクライナや他の国々と共有する

日本はカンボジアと提携し、地雷除去の知識をウクライナや他の国々と共有する

日本の外務大臣は土曜日、地雷除去の知識と技術をウクライナを含む世界各国と共有するカンボジアとの共同計画を発表した。

上川陽子外務大臣は、東南アジアの国、数十年にわたる内戦の終結に際し、1990年代に設立されたカンボジアの鉱山運営センターを訪問中に、このコメントを述べた。 田舎に点在する400万から600万個の地雷やその他の不発弾に対処しようとしている。

同氏は、「カンボジアは国内で地雷除去を進め続けており、現在では世界の地雷除去のリーダーとなっている」と述べ、日本は内戦以来カンボジアの地雷除去に協力し続けていると付け加えた。

カンボジアの地雷除去作業員は世界で最も経験豊富な労働者の一人であり、過去10年間、国連の後援の下で数千人がアフリカや中東での作業に派遣されている。 2022年、カンボジアはウクライナで地雷除去訓練を開始した。ウクライナは2年に及ぶロシアの侵攻が長引く中、高密度の地雷やその他の不発弾に悩まされている。

「日本は日本カンボジア地雷除去イニシアチブに基づく断固とした協力として、ウクライナにおける人道的地雷除去活動を全面的に支援する」と述べた。 「来週、大型の地雷除去機をウクライナに納品し、来月にはここカンボジアでウクライナ人職員に機械の操作方法を訓練する予定です。

NGOランドマイン・モニターは2022年の報告書で、「大規模な」地雷汚染があった9カ国の中にカンボジアとウクライナの両国を挙げており、これらの国には100平方キロメートル(38.6平方マイル)以上の更地があったことを意味している。

カンボジアでは戦闘が終わって以来、2万人近くが死亡、4万5千人が負傷しているが、年間平均死者数は数千人から100人未満に減少している。

非常に活発な地雷除去プログラムにもかかわらず、多くの危険な爆発物が設置されたままであり、村民に危険をもたらしています。

ポーランドとカンボジアのウクライナ人地雷除去者に対し、後にフン・セン元首相は、通常はロシアや中国と連携するこの国としては異例の行動で、「カンボジアは常に何事にも反対してきた」と述べ、モスクワのウクライナ侵略を非難した。他国を侵略する国。」

カンボジアは、ロシアの侵略を非難する決議を共同提案した約100の国連加盟国の一つである。

米国やドイツを含むいくつかの国はすでにウクライナに地雷除去支援を提供している。

上川氏はまた、カンボジアのフン・マネ首相と、昨年38年間政権の座を辞任したその父フン・セン氏とも会談した。

上川氏は次にフィリピンへ向かい、月曜日に木原実防衛大臣とともにフィリピン側と会談する予定だ。 両国は互いの国境に軍隊を駐留させる相互防衛協定の締結について話し合う予定だ。

READ  日本初の自律型船が重海上輸送で出航