Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はサーキュラーエコノミーの規模を80兆まで拡大することを目指しています。 2030年までに円

政府筋によると、日本は、製品と資源の再利用を通じて炭素排出量を削減することに重点を置いた国内の循環型経済の規模を、2030 年までに 80 兆円 (5,837 億ドル) にまで拡大することを目指しています。

2050年までにカーボンニュートラルな社会を達成するために岸田文夫首相の政府が取り組みを強化する中、現在50兆円の価値があり、商品や材料の再利用とリサイクルを通じて持続可能な経済慣行を促進することを目的とした循環型経済を後押しする動きは、 .

2007年5月 千葉県市原市の工業地帯の工場の資料写真(共同)

情報筋によると、イニシアチブには、地球温暖化の主な原因である二酸化炭素排出量を削減することを目的とした、原材料のリサイクルと使用済み商品の配布が含まれます。

サーキュラー エコノミーから生まれた新しいビジネスには、個人が中古品を販売できるアプリや、衣服をレンタルするための月額サブスクリプション サービスなどがあります。

環境省は、2023 年度の政府の当初予算で関連費用を要求する予定であり、同省は近い将来にプロジェクトをスケジュールする予定です。

情報筋によると、貴金属やレアメタルを持続的に利用するために、使用済みの小型家電製品の部品である廃電子基板と廃蓄電池のリサイクル量を倍増する必要があります。

各国がガソリン車を段階的に廃止するにつれて、電気自動車のバッテリーに必要なリチウムやその他のレアメタルの需要が高まっています。

レアメタルなどへのリサイクル技術が乏しい東南アジアなどからの廃家電の輸入拡大を目指す。

総務省の概算要求には、日本企業の設備投資に対する資金援助も含まれています。

タイムラインでは、2030 年代後半に寿命を迎えると予想されるソーラー パネルへの対応策を概説します。

また、2011 年 3 月の東日本大震災とその後の福島原子力発電所の崩壊以来、日本の大部分をカバーしてきた太陽光パネルの再利用とリサイクルを促進するための法的措置も求めます。

省は、二酸化炭素排出量を削減するリサイクル技術を支援するために、2023年度予算で資金を確保することを目指します。

さらに、タイムラインには、衣料品の大量生産と消費を見直す計画、ならびに衣料品の再利用、修理、およびその他の持続可能な使用を促進するための目標が含まれます。

READ  ヨーロッパの日系企業の約8割がウクライナ戦争の影響を受けた