Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はシーガーディアンの無人機で運用を開始し、2 つのホークアイを取得

オーストラリア、メルボルン – 日本の海上保安庁が新たな配備を開始しました MQ-9B シーガーディアン ドローンまた、航空予報機が船でこの国に到着しました。

UAV のメーカーである General Atomics Aeronautical Systems は、10 月 20 日のニュースリリースで次のように述べています。 海上自衛隊は19日、八戸飛行場から海上保安庁海上保安庁とともに飛行作戦を開始した。

米国の会社は、高高度で耐久性のある無人航空機は、「主に日本海と太平洋で海上広域捜索(MWAS)を実施する予定です。 その他の任務には、捜索救助、災害対応、海上法執行が含まれます。

北日本の飛行機スポッターによる写真は、シーガードが、米国の一般原子力発電所からの飛行試験に引き渡し前に使用された米国民間登録N467SGの日本沿岸警備隊のマーキングを運ぶことを示した.

GA-ASI の国際戦略開発担当副社長、Robert Schoffling は次のように述べています。 「海上保安を強化するという日本政府の政策を支持できることを誇りに思います。」

2022 年 4 月、General Atomics は、沿岸警備隊が無人航空機取得プログラムに SeaGuardian を選択したと発表しました。 選定は、2020 年の日本でのドローンに関する検証試験に続いて行われました。

何人のシーガーディアンが注文されたかは明らかではありません。

SeaGuardian は、逆合成開口レーダー イメージング モードと自動識別システム受信機を備えたマルチモードの海上地表探索レーダーを備えています。 これは、NATO の無人航空機の耐空基準である STANAG-4671 に完全に準拠しており、民間空域での運用を可能にする衝突回避レーダーを備えています。

ホークス・バイ・シー

そんな中、あるカップル ノースロップ・グラマン製空中偵察機が航空自衛隊に納入 船で太平洋を横断した後、国の西部に到着しました。

E-2D Advanced Hawkeyes、日本の 13 の注文の一部 米国の対外軍事販売プログラムの下で貨物船オーシャン・グラディエーターは、10 月 18 日に岩国海兵隊航空基地の隣の港に到着しました。

ホークアイズ・ロード経由で、海上自衛隊、米海軍、米海兵隊の航空機を収容する空軍基地に輸送される。 その後、彼らは北日本の三沢に移動する準備をします.

米国国防総省が運営する防衛映像情報配信サービスのウェブサイトによると、岩国の港は空軍基地と同じ場所にあり、「海と陸の間のさまざまな軍事資産の動的輸送」を可能にします。

これにより、日本への E-2D の送付数は 5 機になります。 航空自衛隊は現在、旧式の E-2C ホークアイ 13 機と E-767 空中偵察機 4 機をそれぞれ三沢と浜松で運用しています。

E-2C のうち 4 機は、日本の南にある沖縄県の那覇基地を拠点とする部隊に配属され、東シナ海で増加する中国の航空活動を監視するために使用されます。

Mike Yeo は Defense News のアジア特派員です。

READ  日本へのフィン・ラッセル:スコットランドのスタンドオフは「寿命を延ばすことができる」