Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はナンシー諸島の安全を向上させるためにF-35B戦闘機を派遣する予定です

東京発-日本の防衛軍は宮崎県南西部に洗練されたF-35B海賊を配備すると、岸信大臣は金曜日に国がナンシー諸島周辺の治安を強化したと述べた。

2024年度には航空自衛隊のニューバーグ飛行場に6機のF-35B航空機が着陸し、2025年度にはさらに2機が追加される予定です。 ナンシーチェーンの一部である成都諸島の近くでの中国の軍事作戦が増加しているので、決定は来ます。

「これはぴったりだ」と岸は金曜日に記者団に語った。

日本の4つの主要な島の南にある九州では、ニュータバルはナンシーに比較的近く、岩国海兵隊空軍基地のF-35Bの米軍も同様です。 以前はF-15やその他の戦闘機の連隊を運用していました。

国防省は木曜日に地方当局にブリーフィングを行った。 「地域の支持を得ることは非常に重要です」と岸氏は語った。

宮崎県はナンシー島西安に近い。 (グーグルアース)

ロッキードマーティンによって開発されたF-35Bは、より短い滑走路を必要とし、垂直に着陸することができます。 それらは、米国、英国、およびその他の地域の治安部隊によって使用されています。

「これらのジェット機は、狭い滑走路や空母で柔軟に使用できます」と、ASTFのいすゞ参謀長は金曜日に語った。

ASDFの現在の艦隊での戦闘機の出発と着陸には、最低2,400メートルの滑走路が必要です。 日本中の20の自衛隊空港がこのニーズに応えます。1つはナンシー、1つは沖縄県那覇、もう1つは太平洋の硫黄島にあります。

理論的には、F-35Bはすべての自衛隊空港で離着陸することができます。 自衛隊はまた、イスモ級駆逐艦を更新して、新しいジェットの運搬船として機能できるようにし、日本がナンシーに簡単に輸送できるようにしている。

READ  松山がマスターズで優勝し、日本初の男子メジャーチャンピオンになりました