Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はフィリピンに対して同レベルのコミットメントを約束する

ルイーズ・モーリーン・シメオン – フィリピンのスター

2022 年 11 月 6 日 | 午前12時00分

マニラ、フィリピン – 日本政府は、経営陣が変わっても、フィリピンの開発協力に関するコミットメントのレベルは変わらないことをフィリピンに保証しました。

両国の当局者は最近、インフラ開発と経済協力に関する合同委員会の第 13 回日比ハイレベル会合で会談した。

会議はベンジャミン・ディオクノ財務相が議長を務めた。

会議中、日本の首相特別顧問である森正文氏は、フィリピンに対するアジアの隣人のコミットメントは、マルコス政権の下で変わっていないと述べた。

デュクノ氏は、日本とフィリピンは過去数十年にわたって経済的、政治的、文化的に強い結びつきを築いてきたことを強調した。

デュクノ氏は日本の代表団に対し、政府は成長を刺激するために公共インフラへの多額の支出に注力し、年間支出を GDP の 5 ~ 6% に維持すると語った。

インフラ支出の要件を満たすために、政府は、より必要な PPP プロジェクトを奨励し、インフラ支出のシェアを効果的に増やすために地方自治体ユニットを支援することを目指しています。

ディョクノ氏は、日本が支援するプロジェクトに対する助成金の供与と受理の両方において、明確なプロセスを厳守する必要があることを強調しました。

このハイレベル会合により、日本政府は、フィリピンが中所得国を目指す上で必要な支援を特定することができます。

今後日本が主催する二国間会合で特定され、相互に合意された協力分野と優先パイプラインプロジェクトも特定され、相互に合意される。

日本は現在、マニラ首都圏地下鉄、南北鉄道プロジェクト、MRT-3 リハビリテーション、ダルトン パス東代替道路プロジェクト、ミンダナオ中央高速道路プロジェクト、パラニック ウォーターウェイなど、いくつかの巨大インフラ プロジェクトに資金を提供しています。

日本はまた、スービック湾マスタープランの開発とニュークラークシティのスマートシティイニシアチブを支援しています。

前政権下での日本への財政的貢献は1兆3800億円で、故安倍晋三首相が約束した1兆円を上回った。

日本はフィリピン最大の ODA 提供国であり、2021 年末時点で 102 億ドルの融資と無償資金協力を行っており、同国の ODA ポートフォリオ全体の 31.8% を占めています。

READ  日本とアフリカ開発銀行がアフリカへの50億ドルの投資に共同出資