Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はプログラムにバックリンクし、人々がCOVID-19ワクチンを選択できるようにします

日本が外国の製造業者からCOVID-19ワクチンをタイムリーに購入するのに苦労しているため、政府は人々がどのワクチンを入手するかを選択する計画を後退させ、ワクチンリーダーはまだ何も決まっていないと述べた。

ワクチンキャンペーンの高官である小林文也樹氏は、日曜日に放映された演説で、政府は各ワクチン接種場所で提供されているワクチンの種類に関する情報を提供することによって人々を選択すると述べた。

小林氏は、副作用が懸念されて予防接種を受けたがらない人もいると語った。 「私たちは人々が好む環境を作ります」と彼は言いました。

しかし火曜日、ワクチンロールを担当する河野太郎大臣はそのような計画を否定した。 「その時、それは単に私たちの気づきになりました。 そのコメントを撤回して謝罪したい」と記者会見で語った。

国の予防接種キャンペーンは、医療スタッフから始めて、2月に始まりました。 高齢者の予防接種は、ファイザー社のショットを使用して4月12日に開始される予定です。 AstroGenecaPLCおよびModernaInc。 日本でワクチンを使用するための承認を申請しました。

河野氏はまた、保健省にウェブサイトの情報を修正するよう要請した。これは、人々が実際にどのワクチンを入手するかを選択できるという認識につながる可能性がある。

日本は、ワクチン製造の第一段階で医療従事者にワクチンを接種したため、月曜日にファイザーワクチンの7番目のバッチを受け取りました。

河野氏は月曜日のインタビューで、65歳以上の人々向けのワクチンは4月12日に全国で発売される予定ですが、早期リリースは限られており、地方レベルでは一貫性がないだろうと述べています。

「それは非常に遅くなるでしょう」と河野は言った。 「都道府県知事から、すべての市町村が予防接種の準備ができるようにシステムをチェックできるように、ゆっくりと進むように求められました。」

河野氏は、医師はワクチンの数を追跡するための新しい技術を学ぶ必要があると述べた。

日本は依然としてCOVID-19ワクチンを医療従事者に制限しており、月曜日の時点で78万を超える最初のワクチンが日本で投与されています。これは1億2500万人を超える住民の1%未満です。

この国の予防接種プログラムは、他の先進国やアジアの近隣諸国と比べて遅いペースで検討されてきました。特に東京は7月にオリンピックを開催する準備をしており、ほとんどの人が予防接種を受ける期限はありません。

誤った情報と過剰な情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  チップ不足日本工場修理