Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はベトナムを最初のASEAN石油共有協定の対象

東京発-日本はベトナムを東南アジア諸国との最初の石油共有協定に持ち込むことを目指している、と政府筋はナイキに語った。東京は中断があった場合に外国のサプライチェーンへの石油の中断のない供給を確保しようとしているからだ。 。

この協定は、東南アジア諸国のメンバーとの石油共有協定を発展させるための日本の努力の一環です。 1つのスキームでは、各参加者は、ガソリン、ディーゼル燃料、およびその他の石油製品を使用して原油の個別の埋蔵量を作成し、流通を混乱させます。

日本もASEANも中東の石油に大きく依存しています。 1970年代のエネルギー危機からの教訓-日本は200日以上の国内消費に相当する石油備蓄を維持しているが、一部の東南アジア諸国は月に1回しか供給されていないと言われている。

PPによれば、アジア太平洋地域への原油輸出の60%以上は中東からのものです。 先月、大型貨物船がスエズ運河で立ち往生し、家畜から原油までのサプライチェーンが混乱したときに、これらの流れが停止する影響が強調されました。 これは、日本の自動車メーカーや東南アジアで事業を展開している他のメーカーが直面するリスクです。

日本政府は最初に石油共有計画でベトナムにアプローチした。 コロナウイルス感染が収まった後、東京は早期に合意に達することを目標に活発な議論を開始することを目指しています。

日本は、インドネシア、タイ、マレーシア、その他のASEAN諸国と同様の協力協定を結ぶために交渉中です。 フィリピンに関しては、日本は東京が石油備蓄プロジェクトの開発に関するガイダンスを提供するという別の形式を検討している。

先月、政府の支援を受けたジャパンオイルは、ASEAN 8政府の代表者、ガス・金属国立公社、ジャックメック、国際エネルギー機関などのグループとの会合を開催しました。 そこで、日本側は、石油備蓄と協力の重要性についての一般的な理解を求めた。

これとは別に、日本は石油生産者と協力することを期待しています。 12月、東京は日本のクウェートと共同石油貯蔵協定を締結した。 この協定には、日本とクウェートが合意した場合に、一部の準備金をアジアの第三国と共有するメカニズムも含まれています。

世界的な脱炭素化の傾向にもかかわらず、日本政府は石油が短期的に主要なエネルギー源であり続けることを望んでいます。 特にアジアは、十分な経済成長と石油需要の増加が見込まれます。

一方、日本は再生可能エネルギーなどの技術の採用を支援しており、長期的には媒体中の温室効果ガスの量を削減します。

READ  彼はわずか8か月で6つのレストランをオープンしました。 日本の起業家が食品産業の復活を目指す