Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はラボと救急医療を使用して、1日あたり100万回のストライキに到達しています

東京発-日本は、菅義偉首相の目標である菅義偉首相の目標である1日100万回の注射を6月中旬までに達成するために、医療規則を緩和し、現場でより多くの労働者がコロナウイルスワクチンを接種できるようにする。

政府は、救急医療隊員と臨床技術者が予防接種を行うことを許可するために法的解釈を拡大します。 これは、ワクチン接種をスピードアップするために火曜日にまとめられたサポートプログラムの一部であり、特定のショット数を管理する自治体や医療機関への追加の支払いも含まれています。

現在、予防接種の実施は医師、看護師、歯科医のみが許可されています。 しかし、スタッフの数が少ないため、日本はワクチン接種の取り組みにおいて他の先進国に遅れをとっており、1日あたりの総数は約40万人に達しています。

厚生労働省は間もなく専門家会議で規則の拡大解釈を発表し、現在は看護師にのみ許可されている職務を開始する予定です。

日本には64,000人の救急隊員がおり、そのうち約40,000人が消防士として働いています。 認可されたクリニック技術者は20万人いますが、菅氏はワクチン接種のためにこれらの労働者を「数万人」連れて行きたいと述べました。

日本はまた、その仕事のために薬剤師を募集しようとしています。 日本薬剤師会会長の山本菅信夫氏が月曜日に官邸に招待した。

「これは本当に国のプロジェクトになるでしょう」と、30万人以上の認可された薬剤師を獲得するという彼の希望を表明して、菅山本は言いました。

山本氏は菅を訪れた後、記者団に対し、薬剤師がワクチンを注射できるようにすることには「法的な障害がある」と語った。 「それが解決されれば、私は結果を直接受け入れる準備ができています。」

すでに自衛隊の医師や看護師が参加し、東京と大阪に予防接種施設を設置している。

菅義偉首相は、日本のワクチンを真の「国家的イニシアチブ」と表現した。 (写真提供:石井玲)

保健省は当初、歯科医にワクチン接種を許可することすら消極的でしたが、後に規則を緩和することに同意し、現在、歯科医は地方のワクチンの主要な供給源となっています。

菅は、予防接種を希望する65歳以上のすべての高齢者に対して、6月末までに完全予防接種を受けることを目指しています。 月曜日の時点で少なくとも661万人が少なくとも1回のショットを受けており、1日平均は40万人弱になっています。

6月中旬までに1日あたりの投与量を100万回に引き上げてこの水準に維持すれば、7月末までに約7000万回の投与が可能となり、高齢者全体をカバーすることになります。

この可能性は、6月20日までに2000万回の注射を行うという政府内の別の目標につながりました。 他の国からの報告によると、人口の20%が少なくとも1回の投与を行うと、ワクチン接種キャンペーンが感染の抑制に大きな効果をもたらすことが示されています。 日本では、この制限に達することは、2000万人の住民に予防接種をすることを意味します。

しかし、インフラが地方自治体レベルで存在しない場合、これらの計画は崩壊する可能性があります。

日本の法律によると、保健省は地方自治体との予防接種の交渉に責任があります。 菅は、総務省をこの任務に配置することにより、この枠組みを超えます。

地方自治体は通常、地域の医師会に行き、予防接種を手伝ってくれる医師を求めます。 先週の火曜日、日本医師会は全国の会員団体に地方自治体からの要請に応じるよう求める通知を出しました。

通知には、「地方自治体からの予防接種プログラムの要請に最大限に協力していただきたい」と述べた。

同日、保健省と内務省は、地方自治体に地元の医師会との調整を求める共同声明を発表した。

この共同声明は、厳格な日本の官僚機構を国内のニーズにより敏感にするための努力です。 地方自治体は、保健省が現場の状況を理解せずに一方の側からのみ通知を出していると不満を述べている。 省庁は、政府が地元の懸念に耳を貸していないことを示しようとした。

シーザーワクチンの菅と河野太郎は、4月21日に首相官邸で武田良太内務大臣と会談した。 3人は、地方レベルでより迅速な予防接種を奨励する方法について話し合った。

結局、彼らは地方自治体で働いた経験のある内務省の高官に目を向けた。 エンファシスは、地方レベルで問題を解決するための連絡窓口として機能するこれらの職員を含むワーキンググループを結成しました。

この包括的なアプローチは、前向きな結果をもたらしました。 西日本の岡山県では、すべてのコミュニティが7月末までにすべての高齢者への予防接種を終了する予定です。 これは5月12日の63%から増加しています。

富士山の本拠地である静岡県は、かつて8月に高齢者への予防接種を終えると考えていました。 しかし現在、コミュニティプロジェクトの89%は7月末までに終了する予定です。

日本政府は、来週の月曜日に期限が切れる予定の東京や他の県の非常事態を延長するかどうかを間もなく決定するでしょう。 1日あたり100万ラウンドを管理する現実的な時間枠があると、スパンの長さを簡単に決定できます。

ワクチンの進歩は、7月23日に開幕する東京オリンピックを安全に開催できるという政府の主張にも役立つだろう。

オリンピックを人々の健康の最前線に置くという批判には敏感です。

「市民の健康は間違いなく私の最優先事項です」と彼のオフィスへの訪問者が批判を知った後、菅は憤慨して言いました。

READ  ナンシーメソニエ、CD、C。 ウイルスについて早い段階で米国に警告した当局者は辞任する