Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本はロシアとの戦争後の難民を嫌うことなく、ウクライナ人を歓迎します

日本はロシアとの戦争後の難民を嫌うことなく、ウクライナ人を歓迎します

Dmytro Remez はラップトップで建物のビフォア アフター写真を冷静に表示し、荒廃した廃墟と化したエレガントなオフィスやホテルをクリックします。

ウクライナ南部のミコラーイウにある彼の家の前には、崩れかけた建物が立っていた。

レメズさん(24 歳)は、順天堂大学で学ぶ新入生の医師で、ロシアとの戦争が 1 年前に始まって以来、2,291 人のウクライナ人が日本を訪れました。

“ばかげてる。 主な目的は、すべてを破壊することです。 彼らが戦っている都市を見ると、都市は完全に破壊されています」と彼は、東京の小さいながらも清潔でモダンな宿泊施設に座って言いました.

「将来、誰も都市に住むことはなくなります。 なぜ? なぜ? なぜあなたはこれをやっている?”

亡命希望者に門戸を閉ざすことで悪名高い国では、彼の飛行安全の話は珍しいものです。

法務省によると、日本は2021年に主にアフリカ諸国からの難民をわずか74人しか受け入れていませんでした。 これは、2,413 人の応募者の 1% 未満です。

技術的には、ウクライナ人は「難民」ではなく「避難者」に分類されます。 ウクライナ人を受け入れるための日本のシステムは、全体的な難民政策から変わっていません。 日本政府は、ロシアとの戦争でウクライナを支援することで、米国および他の西側諸国との連帯を繰り返し表明してきました。

日本にいるウクライナ人を支援するための資金のかなりの部分は、モーターボートレースの収益を慈善事業に寄付する日本財団からのものです。 日本財団は当初、旅費、住居費、生活費を含むウクライナ人を支援するために 50 億円 (3,700 万ドル) を提供し、3 年間でその額を 85 億 8000 万円 (6,400 万ドル) に増やしました。

これは、1 年前のロシアによるウクライナ侵攻への対応として行われた最大の寄付の 1 つであり、Microsoft などの米国のテクノロジー企業やヨーロッパの財団や慈善団体からの現金やサービスによるその他の主要な寄付もありました。

米国の非営利団体である Candid が集計した個人の寄付によると、戦争の勃発以降、12 億ドルが寄付されたことがわかりました。 比較すると、国連は、戦争のための人道的活動に資金を提供するために、主に政府から34億ドルを約束または寄付しました。

日本財団は、1962 年に政治家で実業家の笹川良一氏によって設立され、現在、在日ウクライナ人 1,921 人に支援を提供しています。 このグループは、さまざまな国際的な賞を受賞しています。

組織は現在、笹川良一の息子である笹川洋平が率いる。 「すべての人が支え合う社会の実現」を使命として、ハンセン病撲滅、災害救援、障害者支援、各種奨学金などの慈善活動を行っています。

日本難民協会で保護と支援を担当する新島綾子氏は、日本の難民認定の方法は世界基準に比べて狭く、手続きも厳格だと言う。

彼の組織は、国連難民高等弁務官事務所 (UNHCR) と協力して、日本にいる難民を支援しています。

新島さんは、日本に住みたいと思っていた数十人が今やホームレスになっていると語った。 新型コロナウイルスの感染拡大による入国制限が10月に解除されると、その数はさらに増えると予想される。

「ウクライナ人の扱いには間違いなく大きな違いがある」と新島氏は語り、ウクライナ人を含む日本で保護を求めるすべての人々を支持すると付け加えた。

Remez は、彼のヘルプ パッケージの内部の仕組みにはあまり関心がありませんでした。 彼は、特に大学と彼の教授から受けたサポートに感謝しており、毎日大学病院に通って学んだことすべてに感謝しています.

翌日、彼は CT スキャンについて知りました。 別の日、彼はチームで唯一のウクライナ人で、看護師や医師とのリレーを楽しんでいました。

学業を続けるためにオンラインで見つけた唯一の選択肢は、飛行機のチケットで全授業料を支払うことでした。 たまたま日本だった、と彼は笑顔で思い出した。

そして彼は自分自身を幸運だと考えています。 人々はフレンドリーです。 彼が迷子になった場合、人々は彼を助けようと前に出てきます。

彼の妻、バイオリニストのオレクサンドラ・ハルブロワは、彼が数年間交際し、戦争が勃発する直前に結婚しましたが、順天堂とは無関係の別のプロジェクトを通じて来日しました。

今は別々に暮らしていますが、週末には顔を合わせています。 彼はチャリティー イベントを実施し、子供たちに音楽を教えています。 十分なお金を貯めたら、子供を持つことを計画しています。

Remez は今でも料理が好きですが、ラーメンや寿司も好きになりました。 彼のボルシチは美味しいと自慢している。 彼は日本語を勉強しています。

彼は人々を助けたいと思っていたので、医者になることが常に彼の夢でした。 「病気と戦っていることを除いて、これは犯罪を解決するような挑戦です」と彼は言いました.

彼は日本で一般開業医になることを望んでいます。 ここにも助けてくれる人がいますし、日本は自然災害が起こりやすい国です。

「ご存知のように、私たちはまだお互いを殺す新しい方法を見つけようとしています。何千人もの人々を殺す可能性のある災害があります。なぜ私たちはお互いを殺しているのですか?それはばかげています.

弁護士であり公務員でもある彼の父親は、今もウクライナに住んでいます。 彼が到着する前に職場が爆撃されたとき、彼は15分で殺されるのをかろうじて逃しました。 彼の父親は本当に勇敢だった、と Remes は言います。 開戦直前に母親を腎不全で亡くしている。 彼には兄弟がいません。

レメスは宮崎駿のスタジオジブリのアニメーション映画を見たことがあったが、サムライ、忍者、または日本に最も魅了された人物の一人ではなかったことを認めた.

最近、彼は日本とウクライナの共通点に驚く。 彼は、個人主義ではなく進歩への欲求に駆り立てられた、両国の静かな共同体の感覚を感じています。

正月に近くの教会を訪れたとき、彼はウクライナの教会の復活祭を思い出しました。

Remes 自身も医師として、放射能の影響の研究と治療における医師間の歴史的つながりが、どのように国間で深くつながっているかについても考察しています。 チェルノブイリはウクライナで発生しました。 日本のヒロシマ、ナガサキ、フクシマ、レメスは思慮深く語った。

ウクライナの医師は、2011 年の津波、地震、原子力災害の後、福島で支援を行いました。 1986 年のチェルノブイリ原発事故の後、日本の医師は子供たちの命を救うためのがん手術を行っています。

彼は、原子力災害を経験したのは私たちだけだと言いました。 「日本人は影響を受けています。彼らは本当に助けたいと思っています。

READ  禅と在宅勤務の芸術:日本のビルダーがミニオフィスキットを提供| 日本