Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は不法行為の主張が続く間、2022年度の初めにHPVワクチンを促進することを目指しています



このファイルの写真には、厚生労働省を収容する中央政府庁舎第5号が示されています。 (毎日/竹内君)

東京-保健省の委員会は10月1日、日本がヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの積極的な宣伝を再開することを勧告した。これは国の低ワクチン接種率を大幅に高めると予想される動きである。 しかし、予防接種後に健康被害を経験した女性は、被害が拡大する可能性があるとして、この動きに激しく反対しており、全国の地方裁判所で訴訟が続いています。

HPVは子宮頸がんを引き起こす可能性があり、日本では年間約2,800人が死亡しています。 小学校6年生から高校1年生までの女子を対象とした予防接種プログラムが2013年4月に始まりました。しかしその直後、厚生労働省は痛みから運動障害までの副作用を引用した一連の報告がありました。 。 幸福は進路を変えることを余儀なくされました。

その年の6月、同省の専門家委員会は、持続性の痛みの発生率が明らかに上昇していることを指摘し、ワクチン接種と健康問題との因果関係を否定することはできないと主張しました。 適切な情報が一般に公開されるまで、ワクチン接種は効果的に推奨されるべきではないと彼女は述べた。 同省はわずか3か月後に予防接種の積極的な推進を停止した。

HPVワクチンは無料で入手できますが、積極的に接種が促進されていないため、予防接種率は以前よりもはるかに低くなっています。 1995年から1998年の間に予防接種率は70%を超えましたが、2002年度以降に生まれた人々(積極的な昇進が停止されたときに予防接種の対象となる年齢層)では、予防接種率は1%未満でした。

プロモーションが中止されてから8年が経ち、子宮頸がんによる死亡率は上昇傾向にあります。 ワクチンの有効性と安全性に関する科学的意見が蓄積された後、積極的な推奨を再開することについての議論が始まりました。 10月1日の保健省の専門家委員会の会議で、ワクチン接種が子宮頸がんの予防に効果的であることが示されたスウェーデンのチームの調査結果が報告されました。 2006年から2017年にかけて行われた10歳から30歳までの167万人の女性を対象とした調査では、ワクチン接種を受けた人の子宮頸がんの発生率は10万人あたり47人でしたが、ワクチン接種を受けていない人の子宮頸がんの発生率は100人あたり94人でした。 、000。 ワクチン接種を受けたグループでは、子宮頸がんのリスクが63%低くなりましたが、17歳より前にワクチン接種を受けたグループでは、その率は88%低くなりました。

HPVワクチン接種の副作用については、通常のワクチン接種に使用されるサーバリックスワクチンに付属のパッケージリーフレットに、ワクチン接種後の蕁麻疹とめまいの発生率は1%から10%未満であり、注射部位での麻酔と全身疲労1%未満の症例で報告されています。

ヨーロッパと米国での主要な研究では、注射による健康被害として報告された長期倦怠感と自己免疫疾患との明確な因果関係を見つけることができませんでした。 さらに、名古屋市が実施した調査では、ワクチン接種を受けた人と受けていない人の間で症状の発生率に有意差は見られませんでした。

10月1日の専門家会議では、ワクチン接種促進の再開を妨げる要因はないと結論付けたメンバーの間で反対意見はありませんでした。 保健省の関係者は、「人口の特定の部分が一定期間追跡され、高レベルの証拠を備えた論文が専門家パネルに提出され、その時点で自己免疫疾患または他のそのような症状はありません。 。それはワクチンに因果関係があることがわかった。」。 同省は、早ければ2022年度にも予防接種の積極的な推進を再開したいと考えている。

しかし、HPV注射を受けた後に健康上の問題を経験した女性は、健康の回復を要求する訴訟を起こしました。 厚生省委員会の同日10月1日、検察と法定代理人が記者会見を行った。 「(省の専門家による)議論の紹介は、副作用の深刻さや治療計画がほとんど存在しないという事実とは別のものです」と法務チームの共同代表である水口真澄はコメントしました。

訴訟は、ワクチン接種が記憶障害や運動障害などの副作用の原因であると主張しています。 小学校6年生から高校1年生までの10歳から20歳までの合計130人の女性と少女が、東京と東京を含む4つの地方裁判所で訴訟を起こした。大阪。、補償のために政府と製薬会社に対して。 その間、政府と製薬会社は因果関係を否定し、訴訟と戦っている。

弁護士グループによると、予防接種による健康被害については、原因を否定できないことから、医薬品医療機器庁の救済制度に基づき、平均13.72人/百万人が医療費を支払われた。 これははしかと風疹の20倍以上の割合であり、比較的高い割合に基づいて、法務チームは副作用のリスクを適切に評価する必要があると述べています。

中学3年生の時にワクチン接種を受けて高次脳機能障害を発症した三重県出身の24歳の女性は、まだ全身に頭痛と痛みがあると言う。

「長い間、体を元の状態に戻して欲しかった」と彼女は語った。 「まだ治療法がなく、人々の健康も損なわれていますが、これらの病気を「偽の病気」として不当に扱っている学校や職場があります。私たちの声に耳を傾けてもらいたいのです。」

(キム・ソリョン、村田拓也、横田愛、ライフスタイル・メディカルニュース課)

READ  天体物理学のコードを突破することは、天体衝突の迅速なモデリングに役立ちます