Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は世界初の5G通信技術を3.48マイルの上空で試験中

日本は世界初の5G通信技術を3.48マイルの上空で試験中

日本のコンソーシアムは、高度2.48マイル(4キロメートル)からの世界初の5G通信の実証を発表した。) 38GHz帯を使用します。

日本の 4 つの組織が、地表から 4 ~ 12 マイル (6 ~ 20 km) から約 31 マイル (46 km) までの成層圏からの 5G 通信の実現に向けて大きな一歩を踏み出しました。

今回の実験はスカパーJSAT、NTTドコモ、情報通信研究機構(NICT)、パナソニックHDが共同で実施した。

この種のものとしては初めてのデモンストレーションは、高高度プラットフォームステーション (HAPS) の最終用途をシミュレートするために小型セスナ航空機を使用して実施されました。

トライアル

コンソーシアムによると、この実験では、38 GHz帯の電波を使用する5G New Radio (NR)規格を使用した、高度約3.48マイルで飛行するセスナ機と3つの地上局との間の空中バックホールが確立されたという新しいアプローチが行われたという。地上5Gネットワ​​ークへ。

38GHz帯の電波による5G NR規格を利用した空中中継による複数のバックホール回線の実現は、通信技術の分野では世界初でした。

両社は、HAPSシステム向けの5Gフィーダとバックホール回線の実用化を実証した。 セスナ機には新開発の通信システムと自動追尾機能を備えたレンズ型アンテナを搭載し、HAPS地上局として使用した。

デモンストレーション 設立 2 つの地上局間のデータ リンク。1 つは 5G 地上局 (1 番目と 2 番目の地上局) に接続され、もう 1 つはプライマリ地上局に接続され、その局 (3 番目の地上局) と通信します。 この設定では、空中中継を介して 5G 地上ネットワークへのバックホール回線を示しました。

HAPSを5Gおよび6Gモバイルネットワークに統合するには、既存の地上ネットワークとHAPSベースの成層圏ネットワークの間の回線切り替えと柔軟な制御が必要になると各団体は述べている。

コンソーシアムによると、この実験では、ユーザー機器が両方の基地局のカバーエリアを越えて移動する際に、データ伝送が中断されることなくシームレスなハンドオーバーを実現することに成功したという。

雨が降ると電波が大幅に弱くなる

同組織は、雨が降ると 38 GHz 帯の電波が大幅に弱まる可能性があることを確認しました。

「この実験では、5G ネットワークと連携して、ロケーション ダイバーシティなどの雨による減衰を自動的に補償し、雨によるリンク品質の変化に応じて調整を行うアルゴリズムのテストに成功しました。」

各組織は、すべての目的が達成されたことを確認し、この実験により、HAPS システムの実用化と標準化をサポートする測定データが得られました。

この経験は、さらなる技術開発とパフォーマンスの向上が必要な領域を特定するのにも役立ちます。

4つの 組織 今回の実証結果は、成層圏からHAPSを介した5G通信サービスの実現に向けて早期に実現され、衛星やHAPS端末などのさまざまな通信プラットフォームを利用したシステムであるNTN(Non-Terrestrial Networking)の実現に貢献します。 、ドローンなどを使用して接続を確立し、海、空、宇宙を含むさまざまな空間次元にわたって多層的に接続され、陸地の境界を超えて拡張されます。

明確化 総務省が主導するHAPSを利用した無線通信システムに焦点を当てたプロジェクトの一環。

ニュース

デイリープランナー

The Blueprint でエンジニアリング、テクノロジー、航空宇宙、科学の最新ニュースを入手してください。

編集者について

プラバート・ランジャン・ミシュラ プラバート氏はインドマスコミュニケーション研究所の卒業生で、テクノロジーと防衛のジャーナリストです。 彼は現代兵器や新興テクノロジーについて書くことを楽しんでいますが、世界の政治やビジネスについても書いています。 彼はこれまでに、インターナショナル ビジネス タイムズ (シンガポール版) ​​や ANI などの有名なメディア会社と関わってきました。

READ  DJI Mini 4 Pro レビュー: 最高の軽量ドローンがさらなるパワーとスマートさを獲得