Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は世界経済フォーラムの世界観光地ランキングでトップ

日本は、コロナウイルスのパンデミックによる国境閉鎖にもかかわらず、2021年に世界経済フォーラムのトップ観光地ランキングで1位になりました。
観光セクターの需要は、COVID 19のパンデミックによって最も打撃を受けたセクターのひとつであり、観光に焦点を当てた企業と国民経済は、旅行制限と国際的な旅行停止によって大きな打撃を受けています。 幸いなことに、現在は前向きな傾向があります。世界中や同じ市場セグメントで同じペースではありませんが、観光産業の回復が始まっています。 ウクライナでの戦争などの新しい要因も、この不均一な回復を複雑にしています。
組織の報告によると、リストには117の観光地が含まれています。 日本は米国を抜いて初めてランキングを上回りました。 スペインとフランスはそれぞれ3位と4位でした。 トップ10には、ドイツ、スイス、オーストラリア、英国、シンガポール、イタリアが含まれます。
アナリストによると、日本は、航空輸送インフラと文化資源に関する隔年報告書で4位、陸と港のインフラで6位、天然資源で12位にランクされました。 環境変化への耐性という点では、国は107位にすぎませんでした。
旅行と観光開発指数(TTDI)は、旅行と観光の開発、ビジネス環境、安全、健康と衛生、人的資源と労働市場の利用、国際的な開放性、価格政策と競争力、航空輸送インフラを含む18の基準に基づいています。 、およびソーシャルサービス。 経済的持続可能性など。

日本、世界経済フォーラム、世界観光

READ  Sony と Fox Proof のライブ放送は避けるべきビジネスですか?