Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は中国の南大陸棚漂流を「遺憾」と称する

日本は中国の南大陸棚漂流を「遺憾」と称する

日本政府は金曜日、中国が太平洋の日本の南側大陸棚沖の公海上にブイを設置したと発表したが、これは二国間関係をさらに緊張させる可能性がある。

林芳正官房長官は記者会見で、中国が「目的やその他の詳細を説明することなく」四国本島西部と沖ノ鳥島南部の北に小型フロートを配備したことは「遺憾だ」と述べた。

政府高官報道官によると、政府は中国に対し、日本の海洋権益を損なわないよう求め、中国政府は津波を監視するためにブイを設置しており、大陸棚に対する東京の主権を侵害したくないと応じた。

政府関係者によると、中国の測量船「翔陽紅22号」が6月中旬、東シナ海の日本の排他的経済水域を通じて監視中にブイを設置したことを日本は確認した。 問題の外海域は日本のEEZに囲まれている。

昨年7月、中国 もう一つフロートが設置されました 中国政府は、東京が管理する日本の排他的経済水域内にある東シナ海の無人島である島嶼島を領有権を主張しており、日本は抗議し、即時撤去を要求している。

中国は領海での軍事作戦と海洋主張を強化しており、日本政府が尖閣諸島と呼ぶ大雄島周辺の日本領海への中国船の度重なる侵入に抗議している。

READ  JALがジェットスタージャパン、春の日本投資で低価格戦略を強化| ニュース