Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は中国の独占に対抗するために南西諸島に長距離ミサイルを配備する

日本は中国の独占に対抗するために南西諸島に長距離ミサイルを配備する

日本の防衛省は、中国の軍事行動に対抗するために南西諸島に長距離ミサイルを配備する可能性が高い、とジャパンタイムズは報じた。 日本は先月、石垣島に陸上自衛隊基地を設置した。 長距離ミサイルの配備が想定されたのは、日本の防衛省が陸上自衛隊基地を設置した後だった。 展開には、すべてのハイエンド武器タイプ 12 水上艦砲台およびその他のミサイル ユニットが含まれます。

ジャパンタイムズの報道によると、彼らはすでに奄美大島と宮古諸島にミサイル部隊を配備している。 防衛省は2023年度末までに、沖縄本島にある陸上自衛隊の勝蘭副駐屯地へのミサイル部隊の配備を完了する。 台湾から110キロ離れた日本の与那国島は、ミサイル部隊を収容するのに理想的な場所です。

日本の防衛省は、中国に対抗するためにステップアップします

日本は中国の太平洋への玄関口として南西地域の防衛を強化している。 中国の軍艦や航空機がこの地域で頻繁に監視されていることは注目に値します。 中国は、沖縄の南方海域で中国の空母「連寧」の離着陸訓練を行っている。 中国の動きは、昨年と今年 1 月に船がこの地域を航行したときに発見されました。 日本の最新の動きは中国への警告と解釈されている、とジャパンタイムズは報じた。 昨年、日本は反撃能力を獲得する計画を発表した。 ジャパンタイムズのニュース報道によると、その計画の下で、日本は2026会計年度から12型ミサイルの射程を1,000キロメートル以上に拡大する。 日本の防衛省での進展について、浜田防衛大臣は次のように述べた。射程ミサイル。

READ  バイデン氏、日韓との初の3カ国首脳会談に向けてキャンプデービッド外交に復帰